CAT VILLAGE STORY. 猫と暮らしてみませんか?

暖かい家庭と家族を待ち望むにゃんこ達が暮らすCAT VILLAGEの日々を紹介します。

熊本にゃんこ達、おうちの子に😂

昨年の11月末に熊本からキャットビレッジに

来た6匹のうちのビッキーと椿ちゃんが4月に

おうちの子になりました。

20170501063753cd7.jpeg 

美しい椿ちゃんは5人姉妹と先住の小夏ちゃんの

仲間入りをさせていただき、大家族の一員になりました。

キャットビレッジでは 「孤独を愛する」イメージが

ありましたが、今では小夏ちゃんと一緒にスズメを眺めたり

追いかけっこをしたりしているそうです。

201705010637565cc.jpeg 

左が椿ちゃん。名前もそのままです。

Y様ご家族、椿ちゃんをどうぞよろしくお願いします。

そして、やんちゃ盛りだったビッキー。

20170501063924a77.jpeg 

キャットビレッジの番頭さんだったニコちゃんと

一緒におうちの子になりました。

ニコちゃんとビッキーのママは二人が可愛くて

仕方なく、しょっちゅう写真を送ってくれます。

2017050106392279c.jpeg 

ニコちゃんとビッキーはお互いに助け合いながら

今後も仲良く暮らしていくことでしょう。

ありがとう、Pママ!

☘  「置き去り」にされた猫たちの話がまた、ありました。

引越しや飼い主死亡などで置き去りにされる猫たちがいます。

猫たちにはなんの責任もありませんし、事情すら飲み込めません。

今までと同じ場所に行ってご飯をもらおうとしたら

ご飯はなくて、大きな声で追い払われた、水を浴びせられた、、、

猫たちはどうしたらいいのでしょう。

不妊手術をしてもらった猫たちは当然ですが次世代の子猫を

生むことはありません。

一代限りの生を生きているだけです。

どうか見守って下さい。

「嫌いなものは排除する」という

悲しい風潮は変えていきませんか。

猫も私たちも地球上で生きる同じ命です。

可愛がらなくてもいい、ただ彼らが生きていくことを

妨げる行為は人間としてすべきではないでしょう。

私たちよりも小さく、弱く、短い命。

「もう手術はしてあります」という猫たちをどうか

あなたの街の一員として認めて下さい。







このページのトップへ

新入りさんたち💐

火曜日に熊本から来たレモンちゃん(サビさん)とかりんちゃん(黒猫さん)。

2017042121283823c.jpeg 

長旅だったのにとても落ち着いていました。

2017042121283571d.jpeg 

キャリーから三段ケージに移るときもすんなり。

木曜日に近所のご夫婦がいらして

「二匹を引き離すのは申し訳ないのだけれど」と

言いながらレモンちゃんのトライアルを希望され

なんと今日からトライアル開始となりました。

キャットビレッジから徒歩5分ほどなので安心です😌

かりんちゃんは抱っこもお膝も大好きなとても

穏やかな猫さん😺です。

優しいご家族を探したいと思います。

20170421212834424.jpeg 


そして、水曜日には横須賀保健所からライチ君を引き出しました。

自分も人間ですが、

「人間って最低の動物だな」と思わざるを得ません。

ガムテープでグルグル巻きにされ、ビニール袋に入れられて

ゴミ捨て場に置かれている所を発見されたそうです。

保健所でガムテープを剥がして、治療をしてもらいましたが

この痛々しい姿。

20170421212854fe5.jpeg 

あちこち毛が剥がれたり、傷になっています。

背骨も浮き出てゴツゴツ。

この境遇にも胸が詰まりますが、更に私を切ない気持ちに

させるのは、ライチ君がちっとも私たちを怖がらないこと。

私の手にぐいぐいと頭を押し付けてきたり、

「顎を掻いて」と首を伸ばしてきたり。

ライチ君の目に憎しみはありません。

20170421212832b00.jpeg 

傷が治って、毛が生え揃ったらもっともっと

カッコいい猫さんだよね。

ライチ君を家族の一員として大切に大切にしてくださる方からの

ご連絡をお待ちしています。






このページのトップへ

おうちの子になりました。ライムちゃんとチェリーちゃん😹

キャットビレッジでとても人気のあった

チェリー🍒ちゃんとライムちゃん❤️

お問い合わせをいくつもいただきました。

今月、2ニャンともおうちの子になりました👏

お外を彷徨っている時に保護されたチェリーちゃんは

避妊手術をしてあるのかどうかわかりませんでした。

しかしどう見ても飼い猫だったと思われるので

してあるだろう、と思っていました。

が、トライアル2日目で発情してしまい、急遽避妊手術をしました。

そして、「Re Life」という意味を込めた素敵な名前を

つけていただき、新しく「リラちゃん」として

O様のご家族に迎えていただきました。

とてものびのびと過ごしているリラちゃん、よかったね。

20170418142233b29.jpeg 

熊本から来たライムちゃんは体調を崩していたため、

すぐに募集はかけませんでした。

しかしこのブログでライムちゃんの写真をご覧になったご家族から

問い合わせが!

ライムちゃんの回復を待ってお見合いをしていただきその場で

ご家族全員がライムちゃんを気に入ってくださりトライアルへ。

トライアル開始時の様子。


20170418142231ebb.jpeg 

ライムちゃんもお兄ちゃんも😻😻😻

最初はあまり興味のなかったお父さんも今では

ライムちゃんの写真を撮ったり、「かわいいな」と

仰っているそうです。

これはお父さんのお膝かな?

201704181422340c2.jpeg 

M様ご一家の末っ子として末長くよろしくお願いします。

ライムちゃんはそのままライムちゃんとなりました。


新入りさんの紹介です。

20170418142235b69.jpeg 

ビル君、推定5-6歳かな?

ご飯はもらっていたようですが、他の猫たちと共に

置き去りにされました。

「また飼えるようになったら迎えに来る」と言うのは

無責任な人の常套句で、そんな気持ちがあるのなら

置き去りにするような状況は作らないはずです。

数人の心ある方たちのご協力でビル君は保護され、

キャットビレッジに来ました。

食いしん坊で甘ったれ、おしゃべりな男子です。

きっといいおうちを見つけようね。




このページのトップへ

ニコちゃん、おうちの子になりました😂

ご無沙汰しています。

キャットビレッジの看板猫、番頭のニコです。

20170405133943d11.jpeg 

わたくし、この度 「おうちの猫」となったため、番頭は引退させて

いただきました。

「大丈夫なの⁉️」という声が聞こえてきそうですが、どうぞご心配なく。

トライアル数日目でまた豹変してしまいましたが、お母さんは

動じることなく、わたくしの首の上を優しく掴んで引き離しました。

「これがニコちゃんの問題だというなら、私は大丈夫。

このことでニコちゃんを手放そうとは思わないわ。」

とミセス カーシュに言ったそうです。

お母さんはとても優しくて、面白い人です。

20170405134055cc7.jpeg 

わたくしはのびのびと楽しく暮らしています。

言い忘れましたが、弟分のビッキーも一緒にいます。

わたくしたちが「プロレスごっこ」をしているのを

お母さんはいつもビデオに撮ってお友達に見せています。

長い間、ご心配をおかけしましたが、わたくしはここで

末長く幸せに暮らせると思っています。

ご安心ください。

今後ともキャットビレッジをよろしくお願いいたします。

2017040513394114d.jpeg 


横須賀保健所から引き出した、メロンちゃんとパインちゃんも

姉妹で一緒におうちの子になりました。

201704051339373ee.jpeg 

広いお宅で遊ぶパインちゃん🍍

20170405133940c17.jpeg 

私の声を聞きつけてトイレに隠れたメロンちゃん🍈

2017040513393908d.jpeg 

姉妹仲良く、元気で暮らしてね。


全身から 「怒り💢」のオーラを発している新入りさん。

みかんちゃん🍊

201704051340567d8.jpeg 

同じく横須賀保健所から引き出しました。

推定年齢10歳。

飼い主死亡で息子さんにより飼育放棄されました。そりゃ、怒るよね。

ご自身が亡き後に残される猫さんのことを考えてないってどういうこと?

生前から頼める人を探す、

お金を残す、

長年、あなたに寄り添い生きてきたこの小さな命が

あなたが死んだ後にどうなってもいいとは思わないでしょう?

すぐに行動に起こしましょう。

みかんちゃん、今は状況が飲み込めずにいると思います。

大変だったね、ゆっくり気持ちを落ち着けてほしいと思います。

😺お知らせ😺

「猫さん」で困っていること、悩んでいること、キャットビレッジでは

できる限りスタッフが相談に乗りたいと考えています。

お声をお掛け下さい。



このページのトップへ

ピート君、預かりさんのお宅に😸

熊本から来た、ピート君。

猫エイズ陽性のため、新しいおうちか預かりさんを

急募していました。

キャットビレッジでは三段ケージで過ごしていて、時々

お部屋に出て遊んでいました。

「ケージは退屈だニャー・・・」

2017040215555018d.jpeg 

そうだよね、、、、と、そこへ。

「8月に帰国するまで、ピート君と暮らしたいのですが💕」と

連絡があり、すぐにピート君とお見合いをしていただき、

話はトントン拍子に進み昨日ピート君はお引越ししました。

20170402155549be2.jpeg 

最初から積極的に探検。

201704021555520b7.jpeg 

二階にもずんずん上がって行きました🙀

狭いケージから出て、自由に歩き回れるようになってよかった。

夕方には「寛いでいますよ」と写真が送られてきました。

20170402155547c50.jpeg 

8月にはピート君がキャットビレッジに戻って来られるように

個室を用意するか、また新しいおうちを探さなければなりませんが、

大切なのは「今日を生きる」ことだと思うので今回は短期では

ありますがこのような選択をしました。

活発なシャム猫さん、チェリーちゃんも昨日からトライアルに

行っています。

2017040215555346a.jpeg 

チェリーちゃんも初日から堂々としています😺

Re life の意味でリラちゃんと呼ばれているそうです💐


「私を捨てた人へ。 猫を捨てる人はたくさんいるわ。

でもこうして新たに生きるチャンスをくれる人もいるのよ。

あなたも自分の過ちに気づいてそういう人になれたらいいわね。」

リラ




このページのトップへ