CAT VILLAGE STORY. 猫と暮らしてみませんか?

暖かい家庭と家族を待ち望むにゃんこ達が暮らすCAT VILLAGEの日々を紹介します。

多頭飼育、責任を持てる範囲で。

子猫のシーズン、多くのボランティアの方々が

睡眠時間を削って赤ちゃん猫を育てていることでしょう。


私も去年は初めて赤ちゃん猫の預かりをして、悲喜こもごも

沢山の経験をし、涙を流しました。


目の開いていない子は最初に殺処分されてしまいます。

その中には、

猫が勝手に産んだ、のではなく、人間が産ませた、という命が

たくさんあります。

お外の子には不妊去勢手術をして、殺されるために生まれてくる子を

なくしたい。



💐💐💐💐💐💐💐

3月にお家の子になったOrion(タビー君) 君。

すっかり落ち着いたお家猫さんになりました。

20160509132636402.jpeg

先住猫さんのキャシーちゃんとも兄妹のように仲良しだそうです。

20160509132634008.jpeg

よかったね。


今日の本題は、、、


今はキャットビレッジでのびのびと過ごしているおやつ4兄弟。

201605091329581b2.jpeg


彼らは多頭飼育の崩壊によってキャットビレッジに来ました。

私が彼らのいた家に行った時、、、

その悪臭に吐き気がしました。マスクをしていても、です。

2016050913271232b.jpeg


20160509132710e6b.jpeg


201605091327093b4.jpeg

この状態に置かれている38匹の猫達がただただ不憫でした。

この子達は元々は外にいた子達だそうです。

保護という名の下で捕獲され、無理矢理に家に連れて行かれたのです。

外で暮らしている子の誰でもが、お家の中の生活に慣れるとは限りません。

私は猫は室内で暮らしてほしいと思っていますが、生まれた時から外にいて

地域猫としてきちんと地域で管理されているような猫さんを家猫にしようとは

思いません。

病気や怪我で保護が必要な場合は別ですが、外は寒いから、

という理由で無計画に捕獲しマンションで40匹もの猫を飼う、、、


その結果がこれです。



20160509132956abe.jpeg


家具の後ろに隠れていたチロルちゃん。

4兄弟はキャットビレッジに来ましたが、後の子達は

遠方のボランティアさんの所へ引き取られたり、

まだ残っている子もいます。

ことの張本人には、こうなることが予見できなかったとは言ってほしくありません。

20160509132711296.jpeg

猫はミニカーをコレクションするようにはいきません。

好きだから、可愛いからと言って集める物ではありません。

家の中やケージにぎゅうぎゅうに詰め込むのは虐待じゃないでしょうか。

猫さんにだってプライベートが必要です。

屈折した愛情は猫さんにとって迷惑😿

自分に何かあった時に責任を持てる範囲を超えての飼育はすべきでは

ありません。


連休中に友人が猫さん達にお土産を持って訪ねてくれました。

20160509132633090.jpeg


ロジャーはここぞとばかりに甘えます。

大きな体ですが、とても甘えん坊。

猫に慣れている里親さんを探しています。

20160509132631e09.jpeg


現在、キャットビレッジには11にゃん、

叔父宅に、2にゃん、

預かりさん宅に、1にゃん、

トライアルに3にゃんが行っています。


😺😺3月末にキャットビレッジ宛に寄付の送金をしてくださった
スズキタエコ様、ありがとうございました。
コメント欄、またはメールでご連絡頂けますでしょうか。
よろしくお願い致します。














スポンサーサイト

このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する