CAT VILLAGE STORY. 猫と暮らしてみませんか?

暖かい家庭と家族を待ち望むにゃんこ達が暮らすCAT VILLAGEの日々を紹介します。

愛する我が猫にできること

もうすぐ生後2ヶ月、キキちゃん。

いつもびっくりしたような顔をしています😳

もうカリカリも食べています。

すっかり猫さんらしくなりました。

20160421204219f15.jpeg

春菜ちゃん、トライアル先から帰って来て、

だいぶ元の春菜ちゃんに戻ってきましたが、、、

20160421204157247.jpeg

この方が、、ちょっかいを出します😔

201604212042007b8.jpeg

気持ちよく外を眺めている春菜ちゃんにチョイチョイ。


2016042120420116a.jpeg

「カーッ‼️」「やめなさいよ‼️」

それでもしつこくチョイチョイして、、、

2016042120415863e.jpeg


「あっちに行って‼️」😡😡😡😡😡😡

当のニコちゃんは怒られても全然気にせずチョイチョイを繰り返すのでした。

ニコちゃん、春菜ちゃんをそっとしておいて。。。


先日、キャットビレッジにご相談のお客様がありました。

私と年齢が近そうな方です。

ご相談の内容は、「自分が亡き後の猫さん2匹の生活について」

この方、Tさんは独身で自分に何かあった時に猫さん達を託すことのできる

ご家族はいらっしゃらないとのこと。

もみじちゃんとほたるちゃんの行く末を真剣に考えていらっしゃいました。

まだそんなことを心配するのは早いのでは、という言葉に

いつ不慮の事故に遭わないとも限らないのできちんとしておきたいと

仰っていました。

もしもの時にはキャットビレッジの猫さんになる⁉️

私たち、キャットビレッジはまだこのような依頼を受けた事もなく、

システムも整っていません。

しかし、Tさんのもみじちゃんとほたるちゃんに対する責任感と

真摯な思い。お役に立ちたいと思いました。


人も動物も長寿の時代です。

家族の一員であるわんこやにゃんこの方が長生きする

こともあるでしょう。

その時に彼らが路頭に迷わないよう(殺処分になる可能性だってあります)

今から準備しておくのは「責任」と「愛情」の証ではないでしょうか。

自分がいなくなった時にこの子はどうなるのか?

私が先にあちら側に行った場合、うちの4にゃんは私の叔父の家に

行くことになっています。

自分の代わりに面倒を見てくれる人と、何某かのお金も用意しておくことが

彼らの命を守ります。


おもちちゃん、最近活発になってこんな表情も。

私たちみんな、新しいお家と優しい家族を探しています🌸

201604212042034a2.jpeg







スポンサーサイト

このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する