CAT VILLAGE STORY. 猫と暮らしてみませんか?

暖かい家庭と家族を待ち望むにゃんこ達が暮らすCAT VILLAGEの日々を紹介します。

幸せな猫生って?

一昨日、ニコちゃんに噛まれた私と娘。


娘はケロっとしていますが、、、


私は様々なことが心を過ぎり、顔に皺がよってしまいます。


猫にとっての幸せって、なんだろう。


叔父のところのあられちゃんときなこちゃん。


家の中の世界だけですが自由に、気ままに生きています。


走ったり、よじ登ったり、喧嘩したり、くっついてみたり。


20160106130830a42.jpeg


20160106130832e62.jpeg


幸せそうに見えます。



スタッフのMさん曰く、ニコちゃんは病気なんだから。。


ニコちゃんの場合、


ホリーちゃんのようにこちらが手を伸ばすと恐れて


パンチをしてきたり、うちのルビーちゃんのように


私の膝の上で寛いでいるときに私が立ち上がろうとすると


「立たないで!」と言って引っ掻くのとは違います。


ある時突然にニコちゃんの中で何かが目を覚まし、ニコちゃんは


本能のままに一切の手加減なしで行動してしまいます。


それでは、他の猫さんとも人間とも共に生活していくことができません。


ニコちゃんだけを一部屋に隔離して、ご飯や掃除の時だけスタッフが


入る、ニコちゃんをケージに入れる、どちらも私の思う家猫さんの


生活には当てはまりません。


猫は例え家の中だけでも自由に動き回れなければ「飼い殺し」だと思うのです。


ニコちゃんがまだこの先の長い猫生をもっと楽に生きられるように、という


強い願いを込めて、私達は獣医さんと相談した結果、


ニコちゃんの犬歯を抜くという決断をしました。


決断はしましたが、果たしてこれがニコちゃんにとって本当に最良の策なのか、


100%の確信は持てません。


ニコちゃんの身体的な痛みを思うと二の足を踏みたくもあります。


犬歯を抜くことでニコちゃんの精神的な問題が消滅するわけではないでしょう。


しかし、噛み付かれても怪我をしないのであれば、時間をかけて心の


状態を変えていくことはできるかもしれません。


一縷の望みをかけて土曜日に獣医さんに行きます。


ニコちゃん、君はまだ2歳半。今のまま、孤独な猫生を送ってほしくありません。


今ここで変わろうね。





スポンサーサイト

このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する