CAT VILLAGE STORY. 猫と暮らしてみませんか?

暖かい家庭と家族を待ち望むにゃんこ達が暮らすCAT VILLAGEの日々を紹介します。

ニコちゃん、豹変す。

暖かで穏やかな三が日でしたね。


クリスマス休暇で日本に来ていた夫がキャットタワーと


キャットウォークを作ってくれました。


2016010421301613a.jpeg


材料は大工さんから頂いた端材と


現在リフォームをしている私の実家から出た廃材です。


20160104213018fe9.jpeg

なかなかの出来です☺️


こむぎちゃんはケージの中でじっとしていますが、


抱っこもできるし、喉も鳴らしてくれるので


人慣れしている感じです。


きんとんちゃんルームは静かな時間が流れているのですが、、、


ニコちゃんとホリーちゃんルームでは、


20160104213003e1d.jpeg


ニコちゃんがホリーちゃんのケージの上に乗って布を


ホジホジしています。


頭の上でこんなことをされたら嫌よね。


20160104213004937.jpeg


この後、家具の配置を変えてニコちゃんがホリーちゃんのケージに


乗れないようにしました。


お互いの存在を少しずつ認めているようにも見受けられます。


ケージにかかっている布を上げるとこんな場面も。


2016010421300220a.jpeg


仲良くなれるといいね。


😿 夕方、スタッフのFさんに用事があって4歳の娘と


キャットビレッジに立ち寄りました。


私とFさんがニコちゃんとホリーちゃんルームで今後のニコちゃんのことを


話していた時、ニコちゃんといつものようにおもちゃで遊ぼうとした


娘に向かってニコちゃんが突進、足に嚙みつきました。


娘は驚いて泣きながらも足をバタバタさせると一度は離れた


ニコちゃんが再度足に噛み付きます。


娘を抱き上げると今度は私の足をガブリ、、、


Fさんが座布団や毛布でニコちゃんの前に壁を作って


「部屋の外に出て!」と叫びました。


3人で部屋を出て隣室へ。


初めて見るニコちゃんの豹変した姿でした。


娘の足は傷だらけになりましたが、薬を塗って


落ち着きました。「ニコちゃんは許さない」と泣きながら


言っていましたが、ベッドに入る時には、「さっきは許さないって


言ったけど許してあげる。ニコちゃんが悪いわけじゃない」と


言っていました。幸い、心の傷は浅そうです。


ニコちゃんが豹変した時、大きな音を立てた訳でもなく、


何がニコちゃんをそうさせたのか全くわかりません。


今日の経験から、これでは事故を未然に防ぐ手立てはないと思いました。


ニコちゃんがこれから他の猫さん達や人間と一緒に


暮らしていけるようにするには、、、


私達はある決心をするしかありませんでした。


ホリーちゃんはケージの中からこの騒ぎを見ていました。


20160104213006cbc.jpeg


何を感じていたかな、、、。












スポンサーサイト

このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する