CAT VILLAGE STORY. 猫と暮らしてみませんか?

暖かい家庭と家族を待ち望むにゃんこ達が暮らすCAT VILLAGEの日々を紹介します。

ピート君の新しい猫生🐱

ピート君がK様のおうちの子になって早9ヶ月。

近況が届きました☺️

20180518104155ad1.jpeg

すっかり家族に溶け込み、お子さんたちがブラッシングを

しても平気になっているそうです。

幼いお子さんたちは猫との暮らしが初めて。

最初から好奇心旺盛でかまいたい、かまいたいという

感じでしたがピート君はそれらを巧みに避けて

高いところでお昼寝したりしていました。

今では、、、

201805181041572b6.jpeg 

一緒にお昼寝 😍

譲渡の際、家族全員が猫との暮らしは初めてのK様家族に

エイズ陽性のピート君との暮らしは厳しいかなと

非常に迷いました。

しかし、K様からエイズでも高齢でもピート君がいいです、

と仰っていただき思い切ってピート君を託しました。😭

そして、9ヶ月。

ワクチン接種で獣医さんに行った時に

「推定7歳?もっと若いんじゃないかな2〜3歳かな」と

言われ、とても嬉しかったとのことです。

ピート君と暮らせる時間が長くなった、、、

エイズ発症の兆候は全くなく、

よく食べ、よく寝て、よく出す、と健康に毎日を

過ごしているピート君。

K様ご家族の愛情をたくさんもらって幸せな猫生を

送っています。

20180518104154044.jpeg 

ピート君のすべてを受け入れてくださった

K様ご家族に感謝の気持ちでいっぱいです。

エイズだって

高齢だって

一緒に暮らしたい、

そう言ってくれる人がもっともっと増えてほしい。



ピート君は熊本の震災後に熊本の保健所に収容されました。
故郷から遠く離れてしまったけれど今はK様の家がキミの故郷だね。

🐾🐾ご支援ありがとうございました

Y様ファミリー   横須賀市  消耗品やマット等助かります!
                                      猫たちとたくさん遊んでいただきました。

U様   横須賀市ハイランド   大量のトイレシート、
                                      缶詰等ありがとうございます。


              



 
スポンサーサイト

このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する