CAT VILLAGE STORY. 猫と暮らしてみませんか?

暖かい家庭と家族を待ち望むにゃんこ達が暮らすCAT VILLAGEの日々を紹介します。

横浜市神奈川区西大口付近 月子ちゃん、探しています

20180131105241546.jpeg 


1月21日(日)の夕刻

西大口のマンションから

月子ちゃんが迷子になりました。

月子ちゃんは耳の疾患のため

一匹飼いで様子を見ようと預かりさんに

預けていました。

預かりさんのご家族にも慣れ、

このままおうちの子に、と言って下さった

直後のことです。

今ここに詳細を書けるほど気持ちが落ち着いていません。

迷子になった後には大雪が降り、外に出たことのない

月子ちゃんがどのように外の世界で過ごしているのか、、、

ご家族は元より、キャットビレッジのスタッフ、

キャットビレッジ繋がりの有志の方達は連日捜索に

関わっていただいています。

またご近所の方々、SNSで情報呼びかけに協力して

くださっている方々、ありがとうございます。

一日も早い発見のため、現在奮闘中です。


ここで皆様にお願いしたいのは、猫の脱走防止です。

猫はほんの一瞬の隙に外に逃げてしまいます。

施錠していない網戸から

不用意に開けた玄関ドアから

獣医に行こうとしてキャリーに入れたけど
蓋がきちんと閉まっっていなかった

など。

大半の猫はキャリーも外出も大嫌いです。

極力、家の中から出さない。

通院等でやむを得ない時は

キャリーに入れたら、猫が外側を見られないように

大きなバッグに入れたり、シーツなどで覆ってあげて下さい。

猫は少し安心します。

また、獣医の待合室などで、どんな子?と声をかけられても

決して蓋を開けたりしないで下さい。

怯えて興奮した猫はその隙間から瞬時に飛び出すかもしれません。


愛猫が外に逃げてしまい、見つからない、、、、、

そのストレスは想像以上です。

この苦しみは言葉で表せるものではありません。

猫は家の中に。

脱走防止を常に念頭に。

キャリーに入れたからといって安心せず
施錠の再確認、猫にために覆いをかける。
(脱走防止にもなり得ます)

屋外で決してキャリーの蓋を開けない。

覚えていて下さい。
お願いします。





スポンサーサイト

このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する