CAT VILLAGE STORY. 猫と暮らしてみませんか?

暖かい家庭と家族を待ち望むにゃんこ達が暮らすCAT VILLAGEの日々を紹介します。

エノキ・ホクト兄弟とまこ君😍

一昨日の雨の中、熊本から

エノキ・ホクト兄弟とまこ君がやって来ました。

熊本のチームにゃわんさんのスタッフの方達が

大切に育ててきた子達です。

こちらで良いご縁を見つけるために

お預かりしました。

キャリーから三段ケージに移すと、、、

こちらはとってもハンサムなエノキ・ホクト兄弟。

まだ状況が飲み込めてない様子。

2017102721165176b.jpeg 

一方、ほんわか顔のまこ君は、

20171027211626b90.jpeg 

ベッドと柵の間に隠れてしまいました。

この日は3匹ともご飯を食べてくれず 😿

そして翌日。

昨夜のご飯も手付かずで残っていました 😿

エノキ・ホクト兄弟は、

20171027211652d26.jpeg 

猫型ベッドの中で密着。

不安なんだね、そうだよね。

お隣のまこ君は、、、

20171027211628e53.jpeg 

やはり猫ベッドの中に。

トイレは使ってくれていましたし、

撫でさせてもくれるのですが、

猫ベッドからは出たくないのニャ、との

ことでした。。。

そして、今日。

お昼頃に覗きに行くと朝食がまた手付かずで置いてありました。

お腹は空いているはず❗️

手に乗せて口元に持って行くと、、、

エノキくんは食べてくれました🤗

「ぼく、お腹空いてたんだった」と思い出したようで

その後は自分でお皿から食べてくれました。

2017102721295095b.jpeg 

ホクトくんも同じように手からお皿へと。

20171027211654ec6.jpeg 

まこ君は一粒を手から食べて 「やっぱり、いらない」と

猫ベッドの中で呟きました 😱

何とか出て来てほしいので奥の手を使いました。

20171027211628917.jpeg 

手が‼️ 

201710272116306dd.jpeg 

クンクン、、、、

20171027211631b2a.jpeg 

出て来たよー 😸

「ほにゃ」とした顔立ちが何とも言えません😍

この後、少量ですがご飯を食べてくれました。

ここまでくれば後は時間と共に慣れてくれると思います。

エノキ・ホクト兄弟は一緒のおうちを探します。

まだ生後半年足らずの遊び盛りです。

甘えん坊で優しいまこ君は先住さん、小さなお子様のいる

おうちでも大丈夫そうです。


ご連絡お待ちしています❣



肌寒かった昨日の午後、ビルが私の膝に乗ってきました。

201710272116497eb.jpeg 

静かで穏やかな時間。

空いているお膝をお持ちの方、ご連絡ください。


スポンサーサイト

このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する