FC2ブログ

CAT VILLAGE STORY. 猫と暮らしてみませんか?

暖かい家庭と家族を待ち望むにゃんこ達が暮らすCAT VILLAGEの日々を紹介します。

ちゅいちゃん、預かりさん募集中💕

「施設に入ることになった」

「飼い主だった父親(母親)が死んだ」

「年をとって世話ができなくなった」

ので、、、、、

猫を引き取って、というご相談。

こうなることはわかっていましたよね?と

言わざるを得ません。

シェルターで保護できる猫の数には限りがあります。

全部は保護できないんです。

では、どうするか?

一人一人が自分の年齢やライフスタイルに合った

猫と暮らすこと。

想定外の理由で一緒に暮らせなくなった場合の

受け入れ先を確保しておくこと。

大事な愛猫のことですよ!


18歳のちゅいちゃんは人とはすぐに仲良くなれるけれど

猫の好みは少々うるさいタイプ。

2017090509540873b.jpeg 

特にダイエット中のあんずちゃんとは馬が合わず、、、

あんずちゃんのお部屋の前に座ってじーっとあんずちゃんを見つめ、

無言の圧力をかけます。

先日はあんずちゃんに飛びかかり、取っ組み合いに。

あんずちゃんはこの体格です、、、

201709050954079cf.jpeg 

本気になれば18歳のちゅいちゃんに怪我をさせてしまうかも😢

ちゅいちゃんは一匹でいれば本当に優等生の猫さんです。

現在、預かりさん(所有権はキャットビレッジに残したまま、

ちゅいちゃんをお家に迎えていただきます。費用などについては

お問い合わせ下さい)も募集中です。

初めて猫と暮らす方にもおすすめの猫さんです。

ああ、猫って可愛いんだなあ、と思われること請け合いです。

ビルはもう一週間薬を飲んでから検査をします。

2017090509540459f.jpeg 

吐き気も収まり、ご飯も食べていて、普通に過ごしています。

毎回、ニャッと甲高い声で挨拶してくれます。

最近は随分人馴れしてきたマリイちゃん。

20170905095407285.jpeg 

小柄で運動神経抜群のお嬢さんです。

家猫修行も2年目に入ります。


動物を家族に迎える時は

「最後まで一緒」がお約束。

それができないなら

迎えることは諦めましょう。

それも優しさです。






スポンサーサイト

このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する