CAT VILLAGE STORY. 猫と暮らしてみませんか?

暖かい家庭と家族を待ち望むにゃんこ達が暮らすCAT VILLAGEの日々を紹介します。

竹さんの近況 😺

お盆休みはいかがお過ごしでしょうか 🌞

私は I 家の猫となって一ヶ月あまりが過ぎました。

キャットビレッジでは 竹ちゃん と呼ばれていましたが

現在は 竹さん と呼ばれています。

くすぐったいような、うれしいような気持ちです。

I 家の坊ちゃんは今年七歳、私も推定年齢七歳です。

人間の年に換算すると私は坊ちゃんのお父さんのような

年齢になるわけですが、、、自分では坊ちゃんとは兄弟の

ように思っています。

坊ちゃんもお父さんもお母さんもとても私に優しく、

臆病な私も徐々に I 家での生活に慣れ 最近はこんな感じです。

夏休み中の坊ちゃんとお父さんと一緒に本 📚に

夢中になり

20170814223435b8f.jpeg 

その後、私は読みなれないものを読んで少々疲れてしまい、

お昼寝 💤

20170814223433285.jpeg 

ああ、いい気持ち ❤️

お母さんは  
臆病だけど、イタズラもしないしトイレも完璧でお留守番もキチンとできる竹さんが初めて飼うネコさんで本当に良かったと思います。」
と言うメッセージを ミセス カーシュに送ったそうです。

七歳ですからね、物事の分別はよくわかっているつもりです。

私も I 家の一員となれたことをとても誇りに思っています。

そういえば、

私のことを追いかけ回していた 腕白ライチは現在トライアルに

行っているそうです。

201708142234365d8.jpeg 

彼も私と同じように 優しい家族と居心地のよいおうちで

暮らしてほしいと思います。

そうしたら少しは落ち着いた猫になるでしょう。

今の私の姿を熊本のチームにゃわんの皆さんに

一番見ていただきたいと思います。

くるりと呼ばれていた私は、

竹さんとして遠く離れた横須賀で元気にしています。







 




スポンサーサイト

このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する