CAT VILLAGE STORY. 猫と暮らしてみませんか?

暖かい家庭と家族を待ち望むにゃんこ達が暮らすCAT VILLAGEの日々を紹介します。

ピート君、預かりさんのお宅に😸

熊本から来た、ピート君。

猫エイズ陽性のため、新しいおうちか預かりさんを

急募していました。

キャットビレッジでは三段ケージで過ごしていて、時々

お部屋に出て遊んでいました。

「ケージは退屈だニャー・・・」

2017040215555018d.jpeg 

そうだよね、、、、と、そこへ。

「8月に帰国するまで、ピート君と暮らしたいのですが💕」と

連絡があり、すぐにピート君とお見合いをしていただき、

話はトントン拍子に進み昨日ピート君はお引越ししました。

20170402155549be2.jpeg 

最初から積極的に探検。

201704021555520b7.jpeg 

二階にもずんずん上がって行きました🙀

狭いケージから出て、自由に歩き回れるようになってよかった。

夕方には「寛いでいますよ」と写真が送られてきました。

20170402155547c50.jpeg 

8月にはピート君がキャットビレッジに戻って来られるように

個室を用意するか、また新しいおうちを探さなければなりませんが、

大切なのは「今日を生きる」ことだと思うので今回は短期では

ありますがこのような選択をしました。

活発なシャム猫さん、チェリーちゃんも昨日からトライアルに

行っています。

2017040215555346a.jpeg 

チェリーちゃんも初日から堂々としています😺

Re life の意味でリラちゃんと呼ばれているそうです💐


「私を捨てた人へ。 猫を捨てる人はたくさんいるわ。

でもこうして新たに生きるチャンスをくれる人もいるのよ。

あなたも自分の過ちに気づいてそういう人になれたらいいわね。」

リラ




スポンサーサイト

このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する