CAT VILLAGE STORY. 猫と暮らしてみませんか?

暖かい家庭と家族を待ち望むにゃんこ達が暮らすCAT VILLAGEの日々を紹介します。

ボランティアの思い

トライアル中のニコちゃんとビッキー、場所が変わっても

仲良しさん👨‍❤️‍👨

2017030715010540c.jpeg 

一緒に行ってよかったね。

ニコちゃんはトライアル数日目にお母さんの腕に

嚙みつきました😨

お母さんが床に鋏を落とした音を聞き付けて走ってきて

腕にガブリ😿 豹変です。

お母さんはニコちゃんの顎の力に驚きながらも冷静に

首の後ろを掴んでニコちゃんを引き離したそうです。

「驚いたけど私は大丈夫。」

それからも数回そんなことがあったようですが、ニコちゃんと

ビッキーはお母さんのベッドで一緒に寝ているそうです。


キャットビレッジは日中はほとんど無人です。

朝と夕方にボランティアがお世話に通って来ます。

一週間、朝晩で14回の当番があります。

ボランティアは私を含めて8人。

週に一回だけの方もいれば、5回の方もいます。

トイレは11個。

20170307150052a07.jpeg 

15キロ入りのドライフードは一ヶ月もちません。

20170307150053861.jpeg 

朝の当番は夜行性のニャンコ達に荒らされた部屋とトイレの掃除、

食事、食器洗いやゴミの始末で大忙し。

夕方は一般家庭の夕食時と重なる時間帯なのでなかなか

ボランティアさんが見つかりません。

8人全員が主婦、フルタイムで仕事を持っていたり、子育て中だったり

時間をやり繰りしてキャットビレッジに通っています。

また、広報全般をひとりで担ってくれているボランティアもいます。

全員が時間と労力と愛情をかけて、、、

キャットビレッジを巣立って幸せになったニャンコ達をみることが

原動力です。

20170307150106b65.jpeg 

みんな幸せになってほしい。

201703071500509d8.jpeg 

私のお気に入りの一枚。

コウスケとなったウィッシュがお母さんの膝の上で

伸び伸びと、心から甘えた様子😹

20170307150051998.jpeg 

さあ、キウイも頑張るよ‼️

20170307150054d75.jpeg 

「ニャッ」



スポンサーサイト

このページのトップへ

コメント


管理者にだけ表示を許可する