CAT VILLAGE STORY. 猫と暮らしてみませんか?

暖かい家庭と家族を待ち望むにゃんこ達が暮らすCAT VILLAGEの日々を紹介します。

愛する我が猫にできること

もうすぐ生後2ヶ月、キキちゃん。

いつもびっくりしたような顔をしています😳

もうカリカリも食べています。

すっかり猫さんらしくなりました。

20160421204219f15.jpeg

春菜ちゃん、トライアル先から帰って来て、

だいぶ元の春菜ちゃんに戻ってきましたが、、、

20160421204157247.jpeg

この方が、、ちょっかいを出します😔

201604212042007b8.jpeg

気持ちよく外を眺めている春菜ちゃんにチョイチョイ。


2016042120420116a.jpeg

「カーッ‼️」「やめなさいよ‼️」

それでもしつこくチョイチョイして、、、

2016042120415863e.jpeg


「あっちに行って‼️」😡😡😡😡😡😡

当のニコちゃんは怒られても全然気にせずチョイチョイを繰り返すのでした。

ニコちゃん、春菜ちゃんをそっとしておいて。。。


先日、キャットビレッジにご相談のお客様がありました。

私と年齢が近そうな方です。

ご相談の内容は、「自分が亡き後の猫さん2匹の生活について」

この方、Tさんは独身で自分に何かあった時に猫さん達を託すことのできる

ご家族はいらっしゃらないとのこと。

もみじちゃんとほたるちゃんの行く末を真剣に考えていらっしゃいました。

まだそんなことを心配するのは早いのでは、という言葉に

いつ不慮の事故に遭わないとも限らないのできちんとしておきたいと

仰っていました。

もしもの時にはキャットビレッジの猫さんになる⁉️

私たち、キャットビレッジはまだこのような依頼を受けた事もなく、

システムも整っていません。

しかし、Tさんのもみじちゃんとほたるちゃんに対する責任感と

真摯な思い。お役に立ちたいと思いました。


人も動物も長寿の時代です。

家族の一員であるわんこやにゃんこの方が長生きする

こともあるでしょう。

その時に彼らが路頭に迷わないよう(殺処分になる可能性だってあります)

今から準備しておくのは「責任」と「愛情」の証ではないでしょうか。

自分がいなくなった時にこの子はどうなるのか?

私が先にあちら側に行った場合、うちの4にゃんは私の叔父の家に

行くことになっています。

自分の代わりに面倒を見てくれる人と、何某かのお金も用意しておくことが

彼らの命を守ります。


おもちちゃん、最近活発になってこんな表情も。

私たちみんな、新しいお家と優しい家族を探しています🌸

201604212042034a2.jpeg







スポンサーサイト

このページのトップへ

コロンちゃん、トライアルへ。

熊本での地震で被害に遭われた方々、これ以上被害が拡大しませんように、

一刻も早く安心して生活ができますようお祈りしています。


キャットビレッジでも不測の事態に備えることが必要だと思いました。


おやつ4兄弟のコロンちゃんは先週の土曜日にお見合いをして、

その翌日からトライアルに行っています。

お家の子になれるかな。

20160418202625837.jpeg


こちらはお見合いの日のおやつ4兄弟の様子。

みんなでネズミを追いかけ回していました。

2016041820264790b.jpeg

チロルちゃんもだいぶ私たちに慣れてきました。

20160418202622857.jpeg

こちらはマーブルちゃん。足元に擦り寄ってきます💓

20160418202623c79.jpeg

ハンサム、アポロくん。

20160418202649f8f.jpeg


人間も猫も幸せになれることがキャットビレッジの望む

譲渡の形です。


トライアルに行っていた春菜ちゃんが戻ってきました。

春菜ちゃんは猫とも人間とも仲良くできる気立てのいい猫さんなので

まさか帰って来るとは、、、、みんなびっくりしました。

実は、、里親さん候補のご家族に猫アレルギーの方がいました。

通常はご家族にアレルギーの方がいる場合は積極的に譲渡はしません。

今回はご家族の強い希望と、女の子で若い猫だったらアレルギー症状が

出にくいとのことでトライアルとなりました。

が、結果は少しずつアレルギーが出てしまい、猫との暮らしは断念されました。

お迎えに行った時、春菜ちゃんはお母さんのベッドの上で寛いでいました。

キャットビレッジに帰って来て数日はとても不機嫌でしたが☹️やっと

本来の春菜ちゃんに戻りました。

20160418202626d85.jpeg

無理をしてもいい関係は続きません。

辛いですがこのような決断はとても大事です。


ニコちゃんは先週結膜炎にかかり、ひとり部屋を余儀なくされています。

退屈している様子、、、そろそろ皆と遊べるかな。


















このページのトップへ

Mr Meatball & Ms Muffin

2月22日の猫の日にお家の子になり、

幸せいっぱいの日々を送っているMr Meatball.


20160411104239f2b.jpeg


里親さんからMr Meatballの遊び相手になれる子がいたら

家族に迎えたいというお申し出を頂き、3月10日に

Mr Meatballの妹のこむぎちゃんをトライアルで連れて行きました。

こむぎちゃんはとても人見知りで、臆病な性格です。

隠れたまま全然出て来なくて、ご飯は食べているのか?

トイレは使っているのか?と里親さん達をハラハラさせました。

こむぎちゃんがここを自分のお家だと認識してくれたら、、

自分達を家族だと受け入れてくれたら、、ぜひ家族に迎えたいと

毎日、毎日、こむぎちゃんの変化を待っていた里親さん達。

半ば、諦めかけたこともありました。

こむぎちゃん以外で、誰かいませんか?と聞かれましたが、

こむぎちゃんとMr Meatball は血の繋がった兄妹であり、

アパートの外に置き去りにされた後もいつもくっついて過ごしてきました。

私達の気持ちとしてはこの兄妹の組み合わせが一番だと自信がありました。

そして、トライアルも一ヶ月になろうという頃に、里親さんから朗報を

頂きました🎊

こむぎちゃんが赤ちゃんの近くでお昼寝をしていて、お母さんが近寄っても

いつのもように逃げず、そのまま寝ていたとのこと。

20160411104257856.jpeg


それをきっかけに変化の兆しが見られるようになったので

正式譲渡をお願いしますと❣️

よくやった‼️こむぎちゃん。

20160411104255544.jpeg

兄妹でお昼寝💕💕💕

20160411104241ab3.jpeg

正式譲渡の契約に伺った時、こむぎちゃんは隠れてしまっていたけれど

もう心配しません。

ゆっくりとお家の子になっていけばいいんだよ。

こむぎちゃんはMs Muffinとなりました。

辛抱強く待ってくれた里親さんご家族、ありがとうございました。

Ms Muffin不在の記念写真。いつかここに映れるようにね、、、

20160411104238110.jpeg


こちらのフワフワ姉妹、コロンちゃんとマーブルちゃん。

とても人懐こいです。

201604111042373f8.jpeg

いいご家族に巡り会えますように。







このページのトップへ

私たち、お家を探しています。

崩壊現場からキャットビレッジに来たコロンちゃん。


2016040620355286b.jpeg


順応性があり、新しい環境にも猫仲間にもすっかり慣れました。


一番の年少猫さんですが、とても賢く頼もしい子です。


こちらはキャットビレッジでの古株さん。きんちゃんととんちゃん。

黒猫のきんちゃんは未だに抱っこはさせてくれませんが、ナデナデはOkayです。


20160406203632273.jpeg


貫禄のあるとんちゃんは実は甘えん坊。今日は膝の上でゴロゴロ言っていました。


20160406203608ead.jpeg


三浦一族のロジャーは強面ですがとんちゃん同様甘えん坊です。


2016040620361030b.jpeg

よく、ロジャーと間違えられるむつきちゃん。

ロジャーよりずっと小柄な女子なんですけど、ね。

201604062036223dd.jpeg


ポーラちゃんはマイペース。春の日差しが似合います。

20160406205459d9a.jpeg



おもちちゃん。

20160406203611cf4.jpeg



冬の間はこたつにこもっていましたが、

最近は活発で、、、にこちゃんを追いかけ、追い詰め。。


201604062036136d1.jpeg


ニコちゃんはみんなが朝食を食べ終わった後に来て、、、

おっとり、のんびり。

20160406203551d85.jpeg

今まで一人っ子だったニコちゃん、色々な猫さんとの出会いで以前のように

豹変することもなくなりました。

20160406203614c94.jpeg


赤ちゃんだったキキは500グラムになりました。マリイママも元気です。

ふたりもお家を探しています。


こちらの方達はまだ準備中。

そろそろキャットビレッジに来て一ヶ月のセリちゃん。

まだシャーシャー言って、触ることもできません。

20160406203554ae9.jpeg

コロンちゃんの姉妹のマーブルちゃんとチロルちゃん。

20160406203555ab8.jpeg


兄弟のアポロ君。

20160406203557b2f.jpeg

コロンちゃんが一番、人には慣れていました。

キミたちも徐々に慣れていってね。


どの子も我が子のように愛おしく可愛く、大切です。

ずっと一緒にいたいという気持ちは常にあります。

しかし、

どの子も私たち以上にこの子たちを愛してくれる家族の元で

暮らしてほしい。

里親になる条件が厳しいとか、譲渡費用がかかるとか、言われますが

"親"になるんですから、当然です。

安易な気持ちではなれないのですよ。

覚悟のある方からのご応募、お待ちしております。















このページのトップへ