CAT VILLAGE STORY. 猫と暮らしてみませんか?

暖かい家庭と家族を待ち望むにゃんこ達が暮らすCAT VILLAGEの日々を紹介します。

家猫修行は順調です

キャットビレッジの猫さん達はみなさん家猫修行中なので、


出来るだけ人と過ごす時間を長くしようと思っています。


しかし、人員不足のため常駐というわけにはいきません。


そこで、せめて猫さん同士は慣れてもらおうということになりました。



数日前までは猫さん達は3つの部屋に分かれて過ごしていました。


ニコちゃんは一人部屋。


20160128205235e59.jpeg


きんちゃんととんちゃんは二人部屋、時々こむぎちゃんも一緒に。


きんちゃんととんちゃんの妹のようなこむぎちゃん。


よくとんちゃんともくっついています。


2016012820521652b.jpeg


そして三浦一族は総勢7にゃんの大部屋。


三浦一族の暮らす大部屋が寒いこともあり、日中は


それぞれのドアを開け放しています。


フーッやらシャーッやら聞こえる時もありますが、大きな諍いもなく


みんな日向と日陰、大きな部屋と小さな部屋を行き来しています。


心配した猫関係もまずまず。


20160128205232f75.jpeg


やんちゃ坊主のホップちゃんとあまり猫慣れしていないニコちゃんも


お近づきになりつつあります。

20160128205233794.jpeg


陽だまりの中で私の新しいスリッパをかじるホップちゃん、、、、止めて。


2016012820523805b.jpeg


三浦一族さん達のお食事風景。ニコちゃんのお部屋に押し寄せて


ワイワイ言いながら食べています。


おっとりニコちゃんはその様子を少し離れた所から見ています。


食事が終わるとロジャーとポーラちゃんはケージの中に入って


おやすみなさいの支度。


20160128205214a4a.jpeg


ポーラちゃん、だいぶ元気になりました。


この数日、こたつから出て歩き回るようになった真っ白猫さんの


おもちちゃん。青い目が印象的な美猫さん。


20160128205213b26.jpeg


どの猫さん達もいつでもお家猫さんになれそうです。


犬歯を抜いたニコちゃんはこのところ三浦一族の勢いに飲まれ気味。


しかし、人恋しいらしく私やスタッフが来るのを心待ちにしている様子。


足にスリスリ、膝にもすぐに乗ってきます。


一時はニコちゃんが怖いと感じた私も、喉元過ぎれば熱さ忘れる..........


今では何ともありません。


犬歯がないことがわかっているせいもあると思いますが、、、。


お外から来たきんちゃんとんちゃんや、三浦一族とは違い、ずっとお家に


いた猫さんですから、キャットビレッジでの生活は寂しいのでしょう。


ニコちゃんにまたよいご縁があることを願って止みません。


20160128205236534.jpeg


横浜市のN様よりご支援を頂きました。ありがとうございます。


私どもの活動を見守っていて下さることに心より感謝致します。


2016012821390303c.jpeg


おやすみニャン!










スポンサーサイト

このページのトップへ

ホップちゃんも準備万端です

今日も、キャットビレッジのにゃんこ達は


スタッフのFさんから手厚いお世話をして頂いていました。


Fさんは電動自転車でキャットビレッジまで通って下さっています。


そして、千葉県のM様よりにゃんこ達にプレゼントが届きました😻


前に立ったら見えませんよー。


20160124212908c35.jpeg


ホップちゃんは、「何々?」と言いながら寄ってきました。


20160124212907052.jpeg


辺りをクンクン。


201601242129105a6.jpeg


温かいお気持ち、本当にありがとうございます。


箱を受け取った時に思わず涙が溢れて、娘に泣かないで、と言われました。


昨日は相模原のたんぽぽの里を見学させて頂きました。


代表の石丸様にお話を聞くことができて、新しい気づきもたくさんありました。


今後の活動に役立てたいと思います。


新しい家族を探しているホップちゃん、今日もご機嫌😽


20160124212905b0f.jpeg


ご飯の用意をしていると突進して来る御三方、


ホップちゃん、みぞれちゃん、ポーラちゃん。


食欲旺盛です。


20160124212844c41.jpeg


未だにこたつもどきの中でご飯を待つこちら、


むつきちゃん、おもちちゃん、ロジャー。


20160124212842cc5.jpeg


ニコちゃんはマイペースでお食事、決してガツガツしたりしない貴公子です。


食後はゆっくりと、、、お顔を洗います。


201601242128446ae.jpeg


きんちゃんは日中も部屋の中を歩き回りますが、とんちゃんは夕刻になってやっと


ベッドから出てきます。


2016012421284698f.jpeg


とんちゃん、システムトイレも上手に使い、家猫修行はバッチリです。


とても優しくて温和なとんちゃんもいいおうちが見つかりますように。


20160124212847b1e.jpeg


落ち着いた大人の猫さんとの暮らしを楽しみたい方、いらっしゃいませんか?







このページのトップへ

ご支援をお願いします

寒い日が続いています。


あっという間にキャットビレッジに慣れたホップちゃん。


食欲もあり、部屋中を走り回っています。


201601212120369b7.jpeg


里親様を募集中です。


ニコちゃんに追いかけられ、その後はホップちゃんに付け狙われたホリーちゃん。


20160121212042216.jpeg


火曜日の夜からトライアルに行っています。


ホリーちゃんが安心して暮らせるといいな。


三浦一族の中で一番最初に保護されたこむぎちゃん。


きんちゃん、とんちゃんの部屋の中に置いたケージで過ごしていた甲斐あって、、、


20160121212040479.jpeg


今では堂々ときんとんルームを訪れています。


20160121212038e0c.jpeg


窓の外を覗いたり。


きんちゃん、とんちゃんとはすっかり仲良しになりました。


201601212120374ef.jpeg


みんながこうだといいのにな。


三浦一族のむつきちゃん、おもちちゃん、ロジャーはまだこたつに


引きこもっています。いつ頃出て来てくれるかな。。。


にゃんこ達が増えてきて色々な問題に直面しています。


資金繰りもその一つ。


キャットビレッジには冷暖房設備はありません。


南向きの小さな部屋ふたつは冬も晴れていれば昼間は暖かいです。


しかし、北向きの大きな部屋はとても寒いのです。


天井が高いため、暖房しても温めるには大変です。。。


今は猫さん同士くっついたり、こたつもどきや毛布ベッドなどで


暖をとってもらっています。


夏になると、南側の部屋はとてもとても暑いと予想されます。


猫さん達が熱中症にならないように冷房が必要です。


新品のエアコンを買うことはできないので、叔父宅で不要になった


エアコンを移設することにしました。


移設だけでも結構な出費です。


猫さん達のご飯や猫砂も減りが早くなりました。


缶詰は値段が高いのでやめて、カリカリだけにしようとも思いましたが、


歯のない子もいますし、口内炎の子もいるのでそうもいきません。


何より、猫さん達にとってご飯は一番の楽しみなのでなんとかして


美味しいご飯を喜んで食べてもらいたいと思います。


今後、私達はグッズ販売なども積極的にしていく所存ですが、


私たちの活動にご賛同いただけましたら


キャットビレッジの猫さん達への支援をお願い致します。


キャットフードはもちろん、不要になった猫用品や新品の引き出物等、


キャットビレッジマーケットで売ることのできる物品の寄付も大歓迎です。




















このページのトップへ

三浦一族の7にゃん

三浦一族の面々が揃いました。


土曜日に来たロジャーさんとポーラちゃん。


ロジャーさんは足の長い凛々しい男子なのですが


慣れない場所で戸惑っています。


まだこたつの中で過ごしています。


20160118141443ce1.jpeg


保護主さんが最初に見た時のポーラちゃんは、


風に飛ばされそうなくらい痩せてお腹がぺったんこだったそうです💧


歯もほとんどなく、毛もまだバサバサしていますが、か細い声でご飯の催促も


するようになりました。とても愛らしいお顔です🍀




201601181414262e8.jpeg


そして昨日の寒い日曜日にやって来たむつきちゃんとおもちちゃん。


むつきちゃんは前足が化膿しているとのことで抗生物質を処方されました。


ロジャーさんに似ていますが、お鼻の周りが白いのがチャームポイント。


201601181414254d9.jpeg


真っ白なおもちちゃんもまだ食器棚の下に隠れています。


とても美人猫さんです😻 安心して出てきてね。


n20160118141423611.jpeg


三浦一族の7にゃんが揃いました。健康状態の良くない子もいるので


昨夜の冷たい雨が降り出す前に来てくれてよかったです。



先日、ニコちゃんに追いかけられたホリーちゃんはすっかり落ち込んでいたので


ケージごと三浦一族の住む大きなお部屋へお引越し。


伸び伸びと遊んでいたのですが、、、


20160118141445d7e.jpeg


三浦一族のやんちゃ坊主、ホップちゃんに執拗に追い回され、唸られ、


とうとう飛びかかられてしまいました。ホリーちゃんはそんな時でも


反撃しません。黙って身をかわすだけです。


こちらがホリーちゃんのストーカーと化したホップちゃん。ダメですよ!


20160118143018f63.jpeg

当人は呑気なものです。。。😞


猫さん達が増えると猫関係が複雑になります。


みんながひとつの空間を共有できるようにするためにはどうしたらいいのでしょうか。


兄弟なのか、仲良しのホップちゃんとこむぎちゃん。


2016011814142887d.jpeg


この7にゃんを置き去りにしたご家族へ。


この子達は心ある保護主さんに見つけられたことによって


飢えもせず、怪我の治療もしてもらいキャットビレッジにやって来ました。


かわいい、面白い、という安直な感情で餌やりをした結果は不幸な猫を増やし、


親切な、真っ当な人の心を痛めます。


餌やりをするのならまず避妊去勢手術をして下さい。


育てられないなら産ませない。


あなたの命もこの子の命も同じ重さ、同じ尊さだという事に気付いてください。


さあ、三浦一族の子達、いいおうちを見つけようね!















このページのトップへ

一難去ってまた一難

昨日の夕方、夕食を終えた三浦一族のホップちゃんが!


20160115214301ea0.jpeg

タタタッとキャットウォークから食器棚の上に行き、ご寄付で頂いた


猫型ベッドにチョコンと収まりました❤️

20160115214426e5b.jpeg


最初にここに入るのは誰かな?と思って楽しみにしていました。


他の子もキャットウォーク使ってくれるかな、と呟くと


スタッフのFさん曰く、「こむぎちゃんはお猿さんのようにキャッキャって


言いながらキャットウォークを走っていますよ。」


あのケージの三段目のおうちでいつも固まっているこむぎちゃんが!?


驚くやら嬉しいやら。


クリスマスホリデー返上でシェルターのキャットウォークやキャットタワーを


作ってくれた夫が聞いたら狂喜乱舞することでしょう。。


こちらは今日のみぞれちゃん。


201601152144272f1.jpeg


迫力ある表情ですが、実際に会ってみるととても人懐こく可愛い子です😺


先週犬歯を抜いたニコちゃんと、ホリーちゃんは同室で仲良くなれたと思いきや、、、


20160115214428a44.jpeg


今日の午後、ニコちゃんがホリーちゃんに執拗に攻撃を仕掛けた、とのこと。


ホリーちゃんは逃げるだけで応戦はしなかったそうです。えらいぞ、ホリーちゃん。


しかし、ホリーちゃんはすっかり萎縮してしまいました。


ニコちゃんの犬歯を抜き、ホリーちゃんともお友達になれたと思ったら、、、


事はそう簡単には収まらないようです。手強いぞ、ニコちゃん。


結局、ホリーちゃんをケージごと三浦一族のいる大きな部屋に移しました。


ホリーちゃんには三浦一族のみんなに慣れてお仲間になってほしいと思います。


問題は、ニコちゃんです。今日は噛み付いたりはしませんでしたが、発作的な


衝動は変わっていません。今後どうしていくか、難題を突き付けられました。


明日は、三浦一族のおもちちゃん(白猫さん)とボス的存在のロジャーがやって来ます。


こちらの素敵なサインは三浦一族の保護主であるKさんが作って下さいました。


20160115214429a22.jpeg


ご希望でオーダーを受けたいと思います。


おうちの愛猫さんのお名前やお子様のお名前を入れてドアに飾るのは


いかがですか?お色や形はご希望に応じて変えられます。


材料費以外はシェルターの運営費となります。


シェルターでは羊毛フェルトさんや様々な物を販売しています。


お買い上げ頂けるとその金額がシェルター運営費となります。


皆様のご協力をお願い致します。





このページのトップへ

NO CATS, NO LIFE

キャットビレッジでの第一夜、


ホップちゃんとみぞれちゃんはよく眠れたでしょうか。


201601132045148a0.jpeg


この子達の部屋は寒いのでこたつもどきの中にいました。


この部屋の暖房をどうするか、今一番の課題です。


こちらがみぞれちゃん、個性的です。


201601132045137a1.jpeg


捕獲される前は野良猫生活を余儀なくされていましたが、


ご飯をくれていたおじさんに置き去りにされる前は


おじさんのアパートには出入りしていたと見られます。


屋内にいても落ち着いています。


今日はお日様が出て窓辺はぽっかぽか。


20160113204526c48.jpeg


カーテンを開けると、ニコちゃんもホリーちゃんもじっと外を見ています。


2016011320451183e.jpeg


ニコちゃんは今日も 「膝に乗りますよ」と。


20160113204510d4e.jpeg


その可愛さといったら。。。。


保健所では凶暴と言われたホリーちゃんもおもちゃで遊びます。


20160113204509e6e.jpeg


極々、ありふれた猫さんですよね。


昨日は初めて行ったお店で猫用に椅子を買いました。


店員さんに「猫が寝るのにちょうどいいから」と言うと


「私は昨年の11月に猫を亡くして、、、、まだその子のものを


全部取ってあります。寂しくて」と仰っていました。


野良猫さんをおうちの子にしたそうです。


このような方の元で暮らせる猫さんは幸せです。


お気持ちが落ち着いたらシェルターにいらしてくださるかもしれません。


そして今日は、知人の御子息が大学で「猫サークル」に所属しているという


お話を聞きました。地域猫活動をなさっているそうです。


身近にこのような方達がいることを知り、気持ちがほっこりしました。


NO CATS, NO LIFE. 猫たちのいない人生なんて考えられません。


2016011321090847c.jpeg


叔父宅にて。いつも横には猫さんが。













このページのトップへ

三浦一族のホップちゃんとみぞれちゃん

今日は横須賀も最高気温6度とこの冬一番の冷え込みでした。


ニコちゃんも寒かったらしく、私の膝によじ登って来て


眠ってしまいました♪


先日、私の足に噛み付いたことなどすっかり忘れた様子。なんて可愛いんでしょう❤️


20160112223837294.jpeg


ニコちゃんの両手は私の足の間です。


20160112223839ce5.jpeg


絶対に下りないからね、という気持ちが伝わってきて、私の予定をキャンセルして


ニコちゃんと過ごしました。


201601122238400fd.jpeg

喉を盛大に鳴らしてくれました。。

20160112223842388.jpeg



ニコちゃんが抜歯を終えて帰って来たことを機に、ホリーちゃんも


ケージ生活を卒業しました。


仲良く暮らせるかどうか、スタッフ全員がハラハラしましたが、


当人達はとても自然体。まだ若いニコちゃんがホリーちゃんにしつこく


ちょっかいを出しても、ホリーちゃんはお兄さんらしくさっと身をかわします。


ご飯も並んで食べます。 ああ、よかった😂


201601122238183d6.jpeg


ホリーちゃんはとても元気で、お手伝いに来て下さったIさんとこの通り。


20160112223822197.jpeg


午後の冷たい雨の中、三浦一族のホップちゃんとみぞれちゃんが


去勢手術を終えてキャットビレッジにやって来ました。


20160112223819350.jpeg



ふたり一緒のせいか、予想していたよりも落ち着いていました。


トイレも上手で、ご飯も食べました。


今日からはここが君たちのおうちです。


ゆっくりこの環境に慣れて下さい。


キャットビレッジ、住猫は7にゃんとなりました。




このページのトップへ

おかえりなさい、ニコちゃん。

昨日、犬歯4本を抜く大手術をしたニコちゃん。


今日のお昼に退院してきました。


少し頬がこけて見えます。でもハンサムぶりは変わりません。


20160110201730fcb.jpeg


3時間の大手術だったことから、さぞかし痛みもひどく、食欲も


ないと思われましたが、、、。


201601102017332c4.jpeg


缶詰のご飯を食べ、お気に入りの場所へ軽々とジャンプ!


みんなびっくりしましたが、元気な姿を見て安心しました。


おかえりなさい、ニコちゃん。


20160110201731e80.jpeg


ニコちゃんが入院していた間に、ニコ&ホリールームの掃除と模様替えをしました。


今までは半倉庫のようになっていましたが、ふたりが寛げるような


部屋にしてみました。


20160110201729bf7.jpeg


まだ先の話しですが、ニコちゃんやホリーちゃんへの面会やお見合いはこの部屋でしたいと思います。


20160110201728532.jpeg


現在キャットビレッジは、代表である私を含め、4人のボランティアで


運営しています。朝晩のご飯と掃除当番や定期的な大掛かりな掃除、


お外出身の猫さん達を人に慣らしていくことなど、日々たくさんの


役目があります。


私たちの活動に賛同し、お手伝いをして下さるボランティアさんを


大募集しています。ご興味がありましたら是非コメント欄より御連絡下さい。


明後日には、ホップちゃんとみぞれちゃんがやって来ます。







このページのトップへ

今年初めてのお客様と三浦一族の猫さん達

横須賀米軍基地内の獣医さんと関係者の皆様がキャットビレッジに


いらして下さいました。


昨年末のチャリティイベントで集まった猫さん用品を寄付して頂きました!


色々な猫さんご飯やかわいいおもちゃをありがとうございました。


日本人の獣医さんからは,


猫たちが、ケネルの中に閉じ込められているのではなく、心地の良いおうちの中で自由に過ごしているというコンセプトに非常に感銘いたしました。

また、ウィルス陽性や問題行動のある猫たちを積極的に受け入れているという試みもすばらしいと思います。


という感想をメールで頂きました。


20160108213650363.jpeg


午後からは、ご飯をくれていたおじさんが引っ越したため、野良猫と


なっている猫さん達の様子を見に出かけました。


現在、キャットビレッジにいるこむぎちゃんはここから保護した猫さんです。


相談者さんは今はアパートの持ち主からこの猫さん達にご飯をあげる許可を


もらっていますが、長期的には難しいとのこと。


相談者さんご自身は少し離れた所に住んでいますが、見かねてご飯をあげに


来ています。


20160108213652718.jpeg

総勢6にゃん。三浦一族と呼ぶ事にしました。


先日、フェイスブックでも無責任な餌やりさんの尻拭いをしている方からの


投稿を見かけました。この三浦一族にご飯をあげていたおじさんも


無責任極まりありません💢


自分の楽しみのためにこの子達にご飯をあげ、引越しの時には置き去りです。


今後この子達がどうなるのか、周囲の人にかける迷惑について


何も考えていません。


ご飯をあげる=終生面倒をみる、ということです。


途中でやめることはできません!


そして、必ず避妊去勢手術をしましょう。


不幸な猫と猫問題を解決するには、避妊去勢手術しかありません。


相談者さんがご飯を上げ始める前は、この子は骨と皮だけでお腹が


ぺっちゃんこ、風が吹くと飛ばされていたそうです。


20160108213652769.jpeg


口内炎もありそうですし、目やにも出ています。


こちらで気持ちよさそうに伸びているのはこむぎちゃんの兄弟と思われるお方。

2016010821365556f.jpeg


お外で見る猫さんは風景に溶け込んでとてもかっこいいのです。

20160108213654438.jpeg


しかし、お外猫でいることはいつも危険と隣り合わせ。


みんな一緒に家猫修行をしてもらうことになりました。


来週から、順次ワクチンや検査、去勢手術を受けてキャットビレッジに


やってきます。


三浦一族はこむぎちゃんを合わせて7にゃん。今まで使っていなかった大部屋で


同居です。


どの子も人には慣れているのでいいおうちを見つけてあげたいと思います。


明日は、ニコちゃんの抜歯です、、、、、。


私の願いはどの猫も愛されて可愛がられて生きること。












このページのトップへ

幸せな猫生って?

一昨日、ニコちゃんに噛まれた私と娘。


娘はケロっとしていますが、、、


私は様々なことが心を過ぎり、顔に皺がよってしまいます。


猫にとっての幸せって、なんだろう。


叔父のところのあられちゃんときなこちゃん。


家の中の世界だけですが自由に、気ままに生きています。


走ったり、よじ登ったり、喧嘩したり、くっついてみたり。


20160106130830a42.jpeg


20160106130832e62.jpeg


幸せそうに見えます。



スタッフのMさん曰く、ニコちゃんは病気なんだから。。


ニコちゃんの場合、


ホリーちゃんのようにこちらが手を伸ばすと恐れて


パンチをしてきたり、うちのルビーちゃんのように


私の膝の上で寛いでいるときに私が立ち上がろうとすると


「立たないで!」と言って引っ掻くのとは違います。


ある時突然にニコちゃんの中で何かが目を覚まし、ニコちゃんは


本能のままに一切の手加減なしで行動してしまいます。


それでは、他の猫さんとも人間とも共に生活していくことができません。


ニコちゃんだけを一部屋に隔離して、ご飯や掃除の時だけスタッフが


入る、ニコちゃんをケージに入れる、どちらも私の思う家猫さんの


生活には当てはまりません。


猫は例え家の中だけでも自由に動き回れなければ「飼い殺し」だと思うのです。


ニコちゃんがまだこの先の長い猫生をもっと楽に生きられるように、という


強い願いを込めて、私達は獣医さんと相談した結果、


ニコちゃんの犬歯を抜くという決断をしました。


決断はしましたが、果たしてこれがニコちゃんにとって本当に最良の策なのか、


100%の確信は持てません。


ニコちゃんの身体的な痛みを思うと二の足を踏みたくもあります。


犬歯を抜くことでニコちゃんの精神的な問題が消滅するわけではないでしょう。


しかし、噛み付かれても怪我をしないのであれば、時間をかけて心の


状態を変えていくことはできるかもしれません。


一縷の望みをかけて土曜日に獣医さんに行きます。


ニコちゃん、君はまだ2歳半。今のまま、孤独な猫生を送ってほしくありません。


今ここで変わろうね。





このページのトップへ