CAT VILLAGE STORY. 猫と暮らしてみませんか?

暖かい家庭と家族を待ち望むにゃんこ達が暮らすCAT VILLAGEの日々を紹介します。

エノキホクト兄弟、おうちの子になりました😹

美形のエノキホクト兄弟。

クールな性格で人馴れ度は中の下といったところでした。

お見合いをしてトライアルに入る時に、ご家族には

ゆっくりと1、2ヶ月は様子を見てほしいとお願いしました。

しかし❣️

やはり一般家庭で四六時中、人が周りにいる環境だと

猫も変わります。

四日目くらいでホクトはお嬢さんの膝に乗り

ご家族をびっくりさせたそうです。

20180131105302c01.jpeg 

自分たちからは甘えてくるものの、こちらからの

抱っこなどはまだ苦手だそうです。

でも後は時間の問題、ゆっくりで大丈夫!

W様ご家族、エノキホクトを兄弟で一緒に家族に迎えていただき

本当にありがとうございました。

20180131105236778.jpeg 

エノキホクト兄弟と一緒に熊本から来た

とってもお茶目なまこ君もご家族募集中です。

先住ペット、子供、問題ないと思われます。

私の胸にぶら下がりながらパーカーの紐で

遊ぶまこ君 😧

2018013110523803f.jpeg 

ビル君は痩せて骨格が見えるほどですが、

今日も朝は自分のケージから 「出してー」と言い、

ご飯を食べて日向ぼっこ。

20180131105240f37.jpeg 

最近はカリカリを食べず、ウェットフードやちゅーるが

お好みのようです。

今朝は銀のスプーンのパウチとちゅーるを一本。

栄養にはならないけど、食べてくれるとやはり嬉しいです。

20180131105238926.jpeg 

11月末から振込でご寄付をいただいた皆様、

いつも本当にありがとうございます。

横浜市  N.Y 様
横須賀市 S.T様

イニシャルは苗字、名前の順です。

レアレアウクレレガーデン様

キャットビレッジの猫たちの食費、医療費に

使わせていただきます。


スポンサーサイト

このページのトップへ

今まで会った猫の中で一番かわいい

こんばんは、ソルです。

僕にお兄ちゃんができました。

2017112720585857e.jpeg 

お兄ちゃんはとても僕に優しいんだ。

僕のこと、「今まで会った猫の中で一番かわいい」って

言ってくれる。

「セイシキジョウト」っていうのをした日は、

「これで正式に僕の家の子になったね」って

何度も言ってた。

お父さんとお母さん、そしてお兄ちゃんと僕。

お兄ちゃんは11歳、僕はまだ1歳にもなっていない。

これからずっと一緒にいられるね。

🐾🐾🐾

ソル君を迎えてくださったご家族は猫との暮らしは

初めて、です。

トライアル開始時はソル君も緊張気味。

ご家族もあれこれ心配していましたが、

数日後にはお互いに慣れたようで

三週間後に正式譲渡の手続きに伺った時は

ソル君はお兄ちゃんにベッタリ。

もうずっと一緒に暮らしています、という

感じでした。

冒頭に記した、お兄ちゃんがソル君に対して言った

言葉には愛情が溢れています。

子供が動物と過ごすことはとても大きな、

意味のあることだと思います。

幼い時から愛情を持ってこの小さな生き物たちと

過ごしていたら、将来安易に動物や人を傷つけるような

ことはしない、と私は思っています。

おもちゃの猫や犬ではなく、生きている動物と

暮らす子供が増えてほしいと思います。

甘えん坊のソル君、いいお兄ちゃんができてよかったね。

K君、ソル君をよろしくね❗️

このページのトップへ

私たち、熊本出身です。

9月初めに熊本からやって来た三兄弟のうちの

黒猫姉妹のしーちゃんとすずちゃん。

20171001203534840.jpeg 

とあるおうちにトライアルに行っていましたが、

本日、おうちの子になりました 🎉

先住さんは最初はまだ子猫の姉妹から隠れて、

小刻みに震えていたそうで、前途多難と思われました。

ご飯も半分しか食べませんでした。

子猫が近づくと震えながら怒っています。

報告が来る度に、どうなるかと思いましたが、、、

一週間ほど経つと、同じ空間にいられるように☺️

201710012035298f5.jpeg 

そう、先住さんとは、竹さんです。

繊細で臆病、でもとてもお茶目で優しい竹さん。

双子のような姉妹は尻尾の長いのがしーちゃん、

尻尾が短く、くるんとしているのがすずちゃん、

しかし、しーちゃんのカラーには鈴が付いていて、

すずちゃんのカラーには鈴が付いていない、ということで

混乱極まりなく 😅

ご家族から新しい名前をいただきました。

尻尾の長いのは、ながちゃん、

尻尾の短いのは、みじかちゃん。

わかりやすくていいですね。

竹さんはみじかちゃんと気が合うようで、

なんとも微笑ましい。

201710012035261c1.jpeg 

姉妹の影響で竹さんも活発になったようです。

竹さんは昨年の十一月に私たちが初めて熊本から受け入れた

六匹のうちの一匹でした。

そこにまた、熊本から来た姉妹が加わって、、、

きっと熊本弁でお喋りしているんだろうな 🐻

I様ご家族の生活はこの半年のうちに、

猫と暮らすのは初めて ➡️ 三匹の猫と暮らす

という大変化。

でもご家族全員が猫の目線で暮らしてくださっていることが

よくわかります。

このようなご縁は本当にありがたく幸せです。

三兄弟のもう一匹、小次郎はキャットビレッジで

大人猫たちに混じって元気にしています。

外見も性格も申し分ない、素敵な男子です。

201710012035305fe.jpeg 

小次郎にもきっといいご縁があるからね❣️



このページのトップへ

あなたの猫はあなたが看取る 1

人間大好き、猫は苦手な18歳のスーパーレディ

ちゅいちゃん。

シェルターで暮らすには最も不向きなタイプ。

ちゅいちゃんの老後に寄り添ってくださる

ご家族を探してきましたが、それはとても

困難なことだと思い知らされました。

キャットビレッジから猫を家族に迎えてくださった

数家族からは、

「うちの子と相性が合えば、、、(お引き受けしてもいいですよ)」と

いう温かいお言葉をいただきました。

しかし、そこに猫がいたのではダメなんです😢

その方達も周囲の方に声をかけてくださいましたが、

みなさん口を揃えて

「18歳でしょ、、、」(もうすぐお別れでしょう) 。

そこに焦点を当てちゃダメなんです、、、、

お年を召した猫との暮らしは、

未来を見つめるのではなく、

今日も穏やかに過ごせたね

今日もいい一日だったね

この繰り返しです。

ちゅいちゃんの人恋し病もひどくなってきた時、

メッセージを受け取りました。

(原文は英語です)

「 ちゅいちゃんの預かりに興味があります。

私は年を取った猫の預かりをしたいと思います。

なぜなら、彼らには家と家族が必要であり、彼らもそれを

望んでいるのに実際にはそんな彼らを受け入れる人は少ない

からです。

それに私たちは3年後にまた海外に引越しをします。

赴任地がどこになるかわからず、またその場所が

動物に相応しい場所かどうかわからないので

日本で新たに動物を飼うことは考えていません。

引越しをするまでの間、ちゅいちゃんを預からせてもらえませんか?」

責任感と思慮深さを感じさせる内容でした。

お見合いを経て、二日後にはちゅいちゃんはお引越しと

なりました。

20170915143651dc9.jpeg 

お母さんと1歳9ヶ月のお嬢ちゃん。

好奇心旺盛なちゅいちゃんはすぐに家の中を探検。

20170915143653c3f.jpeg 

二階にも上がって行きます。

2017091514344259d.jpeg 

ちゅいちゃんはこの後、トイレを使い

お母さんのベッドの下でお昼寝したそうです。

こんなに手のかからないちゅいちゃんでさえ、

預かりさんを探すのに難航しました。

そこからの教訓は、、、

【 次回へ続く 】

先週末に熊本から来た三兄弟。

元気いっぱい、毎日飛び回っています。

20170915143445dae.jpeg 

美猫姉妹のしーちゃんとすずちゃんは明日から早速トライアルです。

うまくいくといいな😊

小次郎には遊び相手の男の子が来るから心配しないでね。

201709151434461dc.jpeg 

「それは楽しみだな!」




このページのトップへ

ピートに続いてしぐれちゃん、おうちの子になりました😹

昨日のピート君に続いて、

今日はしぐれちゃんの正式譲渡に

行って来ました。

二日続けて正式譲渡、というのは初めてのこと。

そして、

しぐれちゃんもピート君同様、エイズキャリアの

猫さんです。

偶然にもピート君としぐれちゃんは同じ町内の子になりました。


数週間ぶりに会ったしぐれちゃんは、

ご家族から愛情を受けて少しふっくらして

のびのびとした表情をしていました。

20170824205018769.jpeg 

すぐに私の膝に乗ってくれて感激 😹

201708242050137c7.jpeg 

スタッフのUさんの膝にも!

201708242050152a4.jpeg 

「可愛い」と呟かずにはいられませんでした。

しぐれちゃんは口腔内の痛みがあり、思うように

食事ができません。

ご家族が痛み止めを使いながら、あれこれ工夫して

しぐれちゃんの毎日を支えてくださっています。

今日は時間を忘れて色々とお話しさせていただきました。

その間、しぐれちゃんはずっとスタッフUさんや私の膝に乗って

フンフンと会話を聞いているようでした。

以前にもエイズの猫さんを看取った経験のあるご家族、

なぜ今回しぐれちゃんを迎えてくださったのかという

私の問いに対してお母さんは、

「前の子もエイズだったし、しぐれちゃんもエイズ、

しぐれちゃんは口も痛そうだし

何も知らない人のところに行くよりうちでみてあげたいと

思った」と仰いました。

私たちはこのT様ご家族のような方達に支えられていることを

改めて重く心に刻みました。

いくらシェルターがあっても、こうして実際に猫を家族に

迎えてくださる方がいてこそ一匹一匹の猫たちが

幸せになれるのです。

ありがとうございます。

しぐれちゃん、貴女がもうすっかりT家の雰囲気に

溶け込んでいるのを見て安心しました。

2017082420501608f.jpeg 


今日はキャットビレッジにお客様。

201708242050192ad.jpeg 

ちゅいちゃんファンがまた増えました❤️ 


このページのトップへ