CAT VILLAGE STORY. 猫と暮らしてみませんか?

暖かい家庭と家族を待ち望むにゃんこ達が暮らすCAT VILLAGEの日々を紹介します。

近況、など😺

うれしい写真から❣️

20171018134542aad.jpeg 

熊本出身の竹さんと、、、あなたはみじかちゃんかな?

最初は黒猫姉妹を見て小刻みに震えていたという竹さんですが

今はすっかり仲良しに😹

20171018134544e57.jpeg 

特に尻尾の短いみじかちゃんと気が合うようです。

ながちゃん(手前)も竹兄さんをよろしくね❣

時間をかけ、あれこれ策を練れば上手くいく、

という先住さん(竹さん)と新入りさん(ながちゃんとみじかちゃん姉妹)

の例でした。

こちらはトライアル奮闘中 の小次郎君。

20171018135336682.jpeg 

白黒の先住のお姉さんは、小次郎の出現に

プンプンだったそうですが、徐々に距離が縮まっているそうで

期待できます 😄

焦らず、ゆっくり、猫のペースでね。

新入りさんのパンプキン🎃

20171018134538538.jpeg 

すぐにお見合いのお話をいただき、

今週末からトライアルが決まりました 🎉

行ってらっしゃい〜😊

こちら、猫嫌い代表、梅さん。

20171018135712492.jpeg 

みんなに因縁をつけて回っています 😞

人間は好きで甘えたいタイプ。

でも素直になれないんだよね、、、

一匹で梅さんをお預かりしてくださるご家族を

募集中です。

かわいいかわいいソル君、柔らかくて温かくて

とても優しい子です。

20171018134541057.jpeg 

ご家族募集中❣️


スポンサーサイト

このページのトップへ

ちゅいちゃん、預かりさん募集中💕

「施設に入ることになった」

「飼い主だった父親(母親)が死んだ」

「年をとって世話ができなくなった」

ので、、、、、

猫を引き取って、というご相談。

こうなることはわかっていましたよね?と

言わざるを得ません。

シェルターで保護できる猫の数には限りがあります。

全部は保護できないんです。

では、どうするか?

一人一人が自分の年齢やライフスタイルに合った

猫と暮らすこと。

想定外の理由で一緒に暮らせなくなった場合の

受け入れ先を確保しておくこと。

大事な愛猫のことですよ!


18歳のちゅいちゃんは人とはすぐに仲良くなれるけれど

猫の好みは少々うるさいタイプ。

2017090509540873b.jpeg 

特にダイエット中のあんずちゃんとは馬が合わず、、、

あんずちゃんのお部屋の前に座ってじーっとあんずちゃんを見つめ、

無言の圧力をかけます。

先日はあんずちゃんに飛びかかり、取っ組み合いに。

あんずちゃんはこの体格です、、、

201709050954079cf.jpeg 

本気になれば18歳のちゅいちゃんに怪我をさせてしまうかも😢

ちゅいちゃんは一匹でいれば本当に優等生の猫さんです。

現在、預かりさん(所有権はキャットビレッジに残したまま、

ちゅいちゃんをお家に迎えていただきます。費用などについては

お問い合わせ下さい)も募集中です。

初めて猫と暮らす方にもおすすめの猫さんです。

ああ、猫って可愛いんだなあ、と思われること請け合いです。

ビルはもう一週間薬を飲んでから検査をします。

2017090509540459f.jpeg 

吐き気も収まり、ご飯も食べていて、普通に過ごしています。

毎回、ニャッと甲高い声で挨拶してくれます。

最近は随分人馴れしてきたマリイちゃん。

20170905095407285.jpeg 

小柄で運動神経抜群のお嬢さんです。

家猫修行も2年目に入ります。


動物を家族に迎える時は

「最後まで一緒」がお約束。

それができないなら

迎えることは諦めましょう。

それも優しさです。






このページのトップへ

ビルの検査

外で置き去りにされ、紆余曲折を経てキャットビレッジに来たビル。

とても穏やかで優しい子。

呼びかけると振り向いて甲高い声で

返事をしてくれます。

本を読む時に隣で寄り添うにはぴったりの猫さんです。

201708300944232b2.jpeg 

キミはどこで生まれたの?

どんな生活をしてきたの?

何歳なの?

そして、今はどんな気持ち?

答えてくれたらいいんだけど、、、

ビルは外にいた時から下痢をしていました。

最近は下痢はしたり、しなかったり。
 
しかし、しばらく前から嘔吐があり体重も少し減ってしまいました。

かかりつけの獣医さんで検査。

20170830094424727.jpeg 

採血の間もおとなしくしていました。

白血球がまた増え、リンパ腺が腫れていたことから

リンパ腫やリンパ性白血病も疑われ、エコーとレントゲンも

撮りました。

結果、この程度の腫れだと開腹して組織を取り、病理に出さないと

シロクロつかない、とのことでした。

20170830094426a59.jpeg 

慢性の腸炎、という見方も捨てきれないので

現在は薬で様子を見ています。

2週間後にまた検査をします。

ビルがもし、、、、、、悪性の腫瘍だったら、、、

これはビルだけではないですが、私たちにできることは

何だろうと考えました。

先生にも抗がん剤はシェルターでは不向きでしょう、と

言われました。

私もしくは誰かの家に入れるという選択肢もありますが、

抗がん剤を使ってもそれは、治療ではなく

延命だと言われ、その選択はしないだろうと思いました。

人間はとかく、長寿、長生きを望む傾向がありますが

動物はどうでしょう。

寿命を受け入れるだけです。

ビルのことをきっかけにキャットビレッジの

猫たちの今後のことを考えました。

病気になってから何かをしようとするのではなく、

予防に務めること。

緩和はしても、延命はせず、ありのままを受け入れる

勇気を持つこと。

言うのは簡単ですよね。

20170830094422dd6.jpeg 

一日、一日をきちんと生きること。

私よりも猫たちの方がずっとそのことに

長けています。


☘☘☘

現在、広報担当のスタッフは会報の

追い込みに入っています。

来月には順次、発送、お渡しします。

今年度(2017年9月から2018年8月末)の

賛助会員の募集もしています。

一年間で三千円です。

皆様のご支援は猫たちの医療費と食費に

あてさせていただきます。

よろしくお願いいたします。





このページのトップへ

成猫 ビルのつぶやき

今日はキャットビレッジに暮らす

私たち成猫について聞いて下さい。

私の名前はビル。推定7〜8歳と言われています。

20170616210134181.jpeg 

昨年の冬に置き去りにされ、数人のボランティアさんの

協力によってキャットビレッジに保護されました。

置き去りにされた当時の私はこんな様子でした。

20170616210138f67.jpeg 

薄汚れて、体には小さなゴミが付いています。

20170616210140a94.jpeg 

どこから見ても  捨て猫、野良猫という風体です。

今は毛もツヤツヤ、身体もしっかりし、表情も

柔らかくなった、と言われています。

201706162101360cb.jpeg 

猫との暮らしを望む人たちは往々にして

子猫や

人慣れした若くて元気な子を

家族に迎え入れます。

私のような猫は

なかなか家族が見つかりません。

私もかつては可愛らしい子猫でした。

人には慣れています。

けれど、、、

7〜8歳はそんなに年寄りでしょうか?

年寄りの猫との暮らしには魅力がないですか?

キャットビレッジには私のような成熟した猫たちが

数匹います。

また、エイズキャリアの猫たちもいます。

少々年をとっていることや  エイズキャリアであることで

私たちは誰にも受け入れてもらえないのでしょうか。

誰もが子猫や人慣れした元気な猫を望むなら

私たちはどこへ行けばいいのでしょうか。

私たちも暖かい家や家族を切望しています。

どうか、私たちにも目を向けてください。

2017061621254795e.jpeg 

キャットビレッジ

ビル





このページのトップへ

猫と暮らすなら「待つ」こと

熊本ニャンコのビッキーはとても人懐こくお茶目。

しかし、熊本から来た直後は抱っこどころか触らせても

くれませんでした。

「猫と暮らしたい」と訪れる人たちにちょっとひとこと。

「猫はぬいぐるみではないのであなたの思う通りにはなりません」

20170228122027f98.jpeg

番頭のニコちゃんとはとても仲良しで毎日プロレスごっこ😅

今、ビッキーとニコちゃんは一緒にトライアルに行っています。

ビッキーはまだ遊び盛り、一人でのお留守番では退屈しきって

しまうのでニコちゃんは遊び相手兼保護者として同行です。

さて、そのニコちゃんはきちんと役割をまっとうしているようです。

トライアル初日のおふたり。

20170228122021ffb.jpeg

出窓に釘付け。

ビッキーも隠れることなく、用意してくださったベッドに入ったり、

棚に乗ったりと堂々としていたように見えました。

20170228122024ea1.jpeg

しかし、環境の変化に敏感な猫さん、キャットビレッジにいた時は

里親さんの顔を舐めたり、寄り添っていたのに今は触れないとのこと。

おもちゃやおやつで気を引きながらゆっくりと距離を縮める努力を

します、とのことです。

そうですよ、そんなにすぐに気持ちを切り替えられないニャ❗️

あなただって、初めての場所で初めて会う人たちに囲まれたら

どんな気持ちになりますか?

すぐにその人たちの中に入っていけますか?

もう少し忍耐力が必要と思われる里親さんが多いのも事実ですニャ。

20170228122024f6c.jpeg


私は平気ですけれど(by ニコ)


🌼🌼🌼🌼🌼

熊本コニャンの美人猫さん、星子ちゃんもまだご家族は

触れないとのこと。

関係を築くのはゆっくりでいいんじゃないかな、、、、

急ごしらえのものは壊れるのも早くってよ😞


2017022812213848f.jpeg


素敵なお知らせ❤️

Majin君となったホリーちゃんのお宅に新しい家族が増えました。

とっても美しい赤ちゃん👶

ホリーちゃんは凶暴だから殺処分すると言われた子です。

それが今は、、、

2017022812214092b.jpeg

Thank you for saving his life , Hanna and Ellis.

このページのトップへ