FC2ブログ

CAT VILLAGE STORY. 猫と暮らしてみませんか?

暖かい家庭と家族を待ち望むにゃんこ達が暮らすCAT VILLAGEの日々を紹介します。

Fご夫妻に救われたシニア三毛さん😂

ご近所で猫好き、だと知られると思わぬ相談をされることも。

Fさんご夫妻もご近所のおばあちゃんから

「うちの庭に居着いている猫をなんとかしてほしい」と

相談されました。

猫好きの上に真面目で面倒見のいいご夫妻はその日から

おばあちゃんの家にその猫の様子を見に通いました。

そして、どうしたものか、とお電話をくださいました。

こちらがその猫さん。

2018092021055315a.jpeg 

痩せて、ボロボロな感じ、、、

健康状態も良好には見えず、シニア猫さんかな。

おばあちゃんはご家族に反対されているのでこの先

お庭で面倒は見られないとのこと。

Fさんご夫妻宅には目の不自由な猫ちゃんがいます。

このシニア猫さんをキャットビレッジに入れても

室内での生活に順応できるか、更に新しいお家を見つけることが

できるか、大きな不安でした。

そのことを説明し、Fさんご夫妻に庭で面倒を見ることはできますか、

と尋ねると、それしかこの猫を救う方法がないなら、、、と

いう前向きなお返事をいただき、すぐに獣医さんの予約を入れて

シニア猫さんを見に伺いました。

おばあちゃんの庭で寝ていたシニア猫さんは、抵抗することなく

キャリーに入ってくれましたが、車の中で嘔吐と失禁をしてしまいました。

F奥様と向かった獣医さんでは、

20180920210555ffa.jpeg 

「うーん、いくつくらいかなぁ。歯が全然ないし、

痩せてるし、お年かなあとも思うけど、舌や目の様子から

見ると案外若いかも」と言われました。

体中、大きな毛玉だらけだったのでバリカンで取ってもらいました。

20180920210554103.jpeg 

ここまでは大人しくしてくれていましたが、この後の

爪切りと血液検査では大暴れしました。。。

腎臓の数値が高めだったけど、ウィルス感染はありませんでした。

当初は庭にケージを置いてその中で様子を見ていくつもりでしたが、

情に厚いFさん(ご主人)は、「これから寒くなるし、とても外には

置けない」とケージを二階の和室にセットしていらっしゃいました。

奥様は、「そう言うと思った」と苦笑いしていました。

毛玉も取ってもらってすっきりした後で、新しいおうちに到着。

20180920210557dfe.jpeg 

以前は飼い猫だったのでしょう。家に入れてもパニックに

なることもなく、その日の夜には畳の上を歩くようになり、

トイレもできました。

キャットビレッジで幸せをつかんだシニア猫の梅(頑固な初老の

雄猫さん)にあやかって、この三毛さんも「梅ちゃん」と

名付けられました。

先住の猫ちゃんとは距離を置きつつ、ひとつ屋根の下での

生活が始まりました。

Fご夫妻は当初は自分たちが保護をするということは

あまり考えていらっしゃらなかったかもしれません。

しかし、お話しさせていただくうちにお気持ちを固めていただきました。

「なんとかしてください」というご相談はよくあります。

でも私たちも毎回、猫たちを保護できるわけではありません。

その時に、協力はさせていただくのでご自身でなんとか出来ませんか、と

言うと大概の方は 「はい、できることはします」と仰ってくれます。

その時、私は 「ああ、この人たちは猫に選ばれたんだなあ」と

思ったりします。

梅ちゃんは食欲もあり、ご夫妻にもスリスリと甘えるそうです。

一匹の猫を、それも外にいた子を家に迎え入れるのは簡単なことでは

ありません。それでも、知ってしまった以上放っておけない、

自分たちで何とかしてあげよう、と決断されたFご夫妻には本当に

感謝の気持ちでいっぱいです。

一人一人が、一匹の猫を救うことができたらシェルターに猫が

いっぱい、、、なんてことにならないんじゃないかな。

外は雨、、、、梅ちゃんは暖かく安全なお部屋でゆっくりと

眠っていることでしょう。


☘☘☘

ご支援ありがとうございました。

横須賀市 F様ご夫妻

横須賀市ハイランド 虎之助様

横須賀市 H・M様

横須賀市 ミル君、メルモちゃんご家族様








スポンサーサイト

このページのトップへ

ピートのご家族からのメッセージ ✨

熊本から横須賀に来て素晴らしい家族に

巡り会ったピート。

201809132012000cd.jpeg 

ピートが家族に加わって一年が経ち、今、ご家族は

どんなお気持ちでいらっしゃるでしょうか。

キャットビレッジの会報に寄せていただいた

メッセージをより多くの皆様に読んでいただきたく

ここに掲載いたします。

エイズキャリアでも大丈夫、と言ってくださったご家族には

感謝してもしきれません。

鼻炎でも

目が白濁していても

腎臓病でも

歯周病でも

猫は自分で治療を受けることはできず、

人の助けが必要です。

いいよ、うちにおいで、と言ってもらえたら

猫たちはあなたが猫たちに費やす金銭や時間に見合う以上の

「特別な贈り物」をそっと返してくれるはずです。

🐾🐾🐾

我が家に初めて猫がやってきて、8月で丸一年が経ちました。
 真夏の蒸し暑い中、キャリーケースの中で「出してー出してー」と鳴いている子は、飛び出した後も物怖じせず、家の中を一通り探検していました。我が家の騒がしい三兄弟と、適切な距離を保てる安全地帯を早々に確保し、彼の家猫としての生活が始まりました。

 彼の名はピート。白とクリームぶち、推定3-4才の雄猫です。名前はキャットビレッジでつけて貰ったものをそのままにしています。彼も気に入っているのか、呼ぶと大抵振り返ります。

 彼を選んだのはインターネットの譲渡募集の写真を見て、ほとんど一目惚れのようなものでした。落ち着いた大人猫というのもポイントで、彼なら暴れ盛りの子供たちとも上手くやってくれるだろうと思いました。
 ただ、彼は1つ大きな問題を抱えていました。

 彼は猫エイズウイルスのキャリアです。
 しかし今はまだ発症していないので、健康な猫と何ら変わりない生活を送っています。
 よく食べよく遊び、よく寝ています。
 猫エイズは一度発症すると助かりませんが、発症せず生涯を終える事もあるそうです。
 私たち家族は全て理解した上で、ピートを家族に迎えることにしました。

 発症を抑えるために必要なのは、健康的な食餌、清潔な生活環境、何よりストレスを与えない事が大切だそうです。
 でもこれらは猫を家族に迎える上で、ごく普通で当たり前の事だと思います。

 猫が、きままに、マイペースで、安全に過ごせる環境。
 これを生涯整えることが、猫を家族として迎えた者の責任なのだと思います。

 我が家に来て1年が経ち、そこに居ることが当たり前で、すっかり家族として馴染んでいるピート。これから先もずっと我が家の一員です。



このページのトップへ

近況報告が来ましたよ 😂

9月1日発行のCat Village Newsには

エイズ陽性のピート君のご家族から

素晴らしいメッセージをいただきました。

多くに方に読んで頂きたいので、次回この

ブログにも載せたいと思います。

同じく、エイズ陽性のしぐれちゃん、

彼女も献身的なご家族に巡り会えたことにより

キャットビレッジを巣立った時よりずっと良い状態になっています。

20180909152051e7b.jpeg

ふっくらしてとてもきれいです。

猫の寿命は15歳プラス飼い主の献身、と本に書いてありました。

ピート君もしぐれちゃんも今のご家族のサポートのもとで

元気に暮らしています。


18歳でキャットビレッジに来て、その後預かりさんの家で

暮らしていたちゅいちゃん。

この夏に事情で預かりさんのお友達の家に引っ越しました。

20180909152116856.jpeg 

2歳の娘さんともとても仲良しだそうです。

その後、捨てられていた子猫を家族に迎えたそうですが

ちゅいちゃんは子猫ともすぐに慣れ、

以前より活発になったそうです。

19歳になったちゅいちゃんも元気で過ごしています。

201809091521198a3.jpeg 


同じく預かりさんのお宅にいる桃ちゃん。

キャットビレッジにいた時は他の猫に脅かされ

おどおどしていましたが、今はひとりっ子で

甘え放題。 おもちゃでもよく遊ぶそうです。

表情も柔らかくなりました。

201809091520475c5.jpeg 



慣れ具合が今ひとつだったホッシー。

優しいご家族のもと、少しずつ進歩が見られるようです。

子猫だったけれど今は素敵なレディになりました。

20180909152050569.jpeg 


💕おうちの猫になるとみんなこんなに幸せな表情になります。💕


9/2から姉妹でトライアルに行っていたみきちゃんとスーちゃん。

一週間目の今日、早くもおうちの子になりました 🎉

201809091520530fe.jpeg 

災害時にも備えて、とケージを購入なさったそうです。

座布団で寛ぐスーちゃん ⬆️

猫の好きそうな棚の上で寛ぐみきちゃん ⬇️

201809091520515c0.jpeg 

これからも姉妹で幸せにね。


キャットビレッジを巣立ったみんにゃのご家族から

いただく近況や近影が私たちの原動力です。

ありがとうございます。



このページのトップへ

😸にいいもの、わるいもの、、、

一年生の娘が夏休み中に夢中で読んでいた

「猫にいいもの わるいもの」。

201808292042402bc.jpeg

キャットフードからおやつ、猫砂やベッドなど

猫用品について写真付きでどこが良くて

どこが悪いのかを簡潔に説明してあります。

娘が普段目にしている製品ばかりなので、

あれはいい、これはダメ、と逐一報告してくれました😳

猫が口にするものは人間の責任ですからね、、、。

キャットビレッジでは、こちらを使っていますが

今、変更を検討中です。

20180829183026b8b.jpeg 

添加物に発ガン性物質が含まれていて、まあその他にも

気になる点はあったのですが、なかなか代替え品が見つかりません。

キャットビレッジでは1ヶ月に12〜14キロほどのドライフードを

消費しています。

ウェットフードやおやつは別で、それだけの量ですと、

質はもちろん第一条件ですが、価格も重要なポイントです😓

みんにゃが、1日も早くキャットビレッジを巣立ち、

おうちで美味しくて安全なご飯を食べられるようになれば

それが一番なんだけどな。

ご飯の切り替えは年内中が目標です。



だーれだ⁉️ E.Tみたいですが、これはみかんちゃんです🍊

20180829183023257.jpeg 

近くで見ると、、、

20180829183110104.jpeg 

長毛のみかんちゃんはなかなかブラッシングができず、

毛玉が固まってしまったので、全身麻酔で寝ている間に

丸刈りちゃんにしてもらいました。

前回のセリちゃんと同じです。

毛玉の下が皮膚病になってしまうのでやむを得ませんでした。

20180829183023189.jpeg 

毛がなくなったら体がとても小さくて、なんだか

切ない気持ちになりました。

みかんちゃんは毛玉が取れてすっきりしたのか、今日は

ご機嫌もよく、猫たちを見にいらしたお客さんに

盛んにすり寄っていました 😺


ビルは変わらず、下痢をしていますが、

ご飯も食べています。

ここが定位置ですが、たまにフローリングの

床にベターっと寝ています。

未だに原因は不明ですが、毎日を猫らしく過ごしています。

20180829183025a09.jpeg 

では、最後にかわい子ちゃんたち😻

ミキちゃんとスーちゃん、仲良し姉妹。

ご家族大募集中です❣

201808291830282bf.jpeg 

このページのトップへ

私たち、元気に暮らしています😸🐾

おうちの子になって一年が経過しました、と

ご連絡をいただきました。

キウイー❣

台所で過ごすことが好きなようです。

20180820104906afa.jpeg 

先住のお兄ちゃん(パイン君)とお姉ちゃん(きなこさん)とも

仲良くなれてよかったね。

20180820104736dbe.jpeg 

こうして元気に幸せに暮らしている姿を見ることが

何よりの励みになります。

201808201047371be.jpeg 

こちらはサビのホタテちゃんと黒猫のウニちゃん👩‍❤️‍👩

2匹は一緒に熊本から来ました。

201808201047563f5.jpeg 

仲良しのガールズ💓

すっかりご家族に溶け込み、本当のおうち猫になりました。

201808201047585d1.jpeg 

2匹を一緒に迎えていただいたこと、

本当に感謝しています。


さて、トライアル中のルイとジャスミン兄妹。

20180820104733f43.jpeg 

こちらも2匹仲良く、元気に走り回っているようです。

ジャスミンは先日、避妊手術を終えました。

ルイは初めて見る金魚に興味津々。

20180820104734134.jpeg 

キャットビレッジは、仮のおうち。

みんな、みんな、自分の本当のおうちに行くことを

望んでいます。

猫との暮らしが初めてでも大丈夫です。

キャットビレッジがサポートします🐾

猫との暮らしを始めましょう😸😸😸


このページのトップへ