CAT VILLAGE STORY. 猫と暮らしてみませんか?

暖かい家庭と家族を待ち望むにゃんこ達が暮らすCAT VILLAGEの日々を紹介します。

会報7号から転載 「あなたにもできること きっとあるはず」👩🏻

この時期、様々な相談を受けます。

「どうにかしてほしい」と一方的にお願いされる

ケースが少なくありません。

でもそれではなかなか解決には至りません。


5月1日に発行したキャットビレッジニュース7号に


スタッフのMさんが寄せてくださった文章を

もっと沢山の方に読んでいただきたいのでここに

転載します。



「あなたにもできること、きっとあるはず
動けなくなった猫を見かけたら」

 道を歩いていて怪我や病気でうずくまっている猫を見かけた時、
 あなたならどうしますか?

 助けてあげたいけれど自分の家では飼うことはできないとか、動物病院に連れて行ったらいくら費用がかかるのだろう、とか色々考えるとどうしていいかわからない。猫好きのあの人なら、猫のボランティアしているあの人なら猫を保護し助けてくれるだろうと連絡をしてみる。

 ボランティア活動をしている私もできるならそのような猫を全て引き取り、病院にも連れて行き怪我や病気を治してあげたいと思う。だけど猫ボランティアの多くはすでにたくさんの猫を保護していたりで、ぎりぎりのところで頑張っているのです。

 人間の助けを必要としている猫を誰かに丸投げするだけだったら誰にでもできます。見かねて丸投げされた猫を保護する側はそこからが大変です。
 だからもしそういう猫に出会ったら、自分には何もできないと思い込まず、勇気を出して自分に何ができるかを考えてみて欲しい。そして、ボランティアや友達に相談して自分にできない部分の協力をお願いする。例えば、猫を預かってくれる人、病院に連れて行ってくれる人、お金をカンパしてくれる人、怪我が治ったら里親探しをしてくれる人など、たくさんの人の力を持ち寄れば助けられる命はたくさんあると思うのです。

 私の場合苦しんでいる猫を見かけた時、家の事情など考えてしまい、一瞬どうしようと重い気持ちになり、出会いたくなかったとさえ思ってしまいます。でもこのままほっとけないと抱き上げて家に連れ帰った猫が何匹もいます。
 保護して大変なこともたくさんあったけれど、どの猫も保護しなければ良かったと思う猫は一匹もいません。そして彼らは私にたくさんの喜びを与えてくれたし、いろんなことを教えてくれました。
 そして長い時間が過ぎ、それぞれの猫を看取る時、「あの時私の目の前に現れてくれてありがとう」といつも心からそう思ってしまいます。
 不幸な猫を幸せにするためにあなたにもできること、きっとあるはず、考えてみませんか。

🐾ビル君は今日も日向ぼっこ。

下痢はだいぶ治まっています。

食欲旺盛、痩せた体ですが

歩いたり走ったりしています。

定位置にて。

20180522203314fd6.jpeg 

これから暑くなると遮光カーテンを

閉め切りにしないといけなくなるので

今のうちにお外の風景を楽しんでください。

201805222033117e5.jpeg 

れんげちゃんもだいぶ慣れてきました💓


スポンサーサイト

このページのトップへ

ピート君の新しい猫生🐱

ピート君がK様のおうちの子になって早9ヶ月。

近況が届きました☺️

20180518104155ad1.jpeg

すっかり家族に溶け込み、お子さんたちがブラッシングを

しても平気になっているそうです。

幼いお子さんたちは猫との暮らしが初めて。

最初から好奇心旺盛でかまいたい、かまいたいという

感じでしたがピート君はそれらを巧みに避けて

高いところでお昼寝したりしていました。

今では、、、

201805181041572b6.jpeg 

一緒にお昼寝 😍

譲渡の際、家族全員が猫との暮らしは初めてのK様家族に

エイズ陽性のピート君との暮らしは厳しいかなと

非常に迷いました。

しかし、K様からエイズでも高齢でもピート君がいいです、

と仰っていただき思い切ってピート君を託しました。😭

そして、9ヶ月。

ワクチン接種で獣医さんに行った時に

「推定7歳?もっと若いんじゃないかな2〜3歳かな」と

言われ、とても嬉しかったとのことです。

ピート君と暮らせる時間が長くなった、、、

エイズ発症の兆候は全くなく、

よく食べ、よく寝て、よく出す、と健康に毎日を

過ごしているピート君。

K様ご家族の愛情をたくさんもらって幸せな猫生を

送っています。

20180518104154044.jpeg 

ピート君のすべてを受け入れてくださった

K様ご家族に感謝の気持ちでいっぱいです。

エイズだって

高齢だって

一緒に暮らしたい、

そう言ってくれる人がもっともっと増えてほしい。



ピート君は熊本の震災後に熊本の保健所に収容されました。
故郷から遠く離れてしまったけれど今はK様の家がキミの故郷だね。

🐾🐾ご支援ありがとうございました

Y様ファミリー   横須賀市  消耗品やマット等助かります!
                                      猫たちとたくさん遊んでいただきました。

U様   横須賀市ハイランド   大量のトイレシート、
                                      缶詰等ありがとうございます。


              



 

このページのトップへ

セリちゃんのヘアカット 💇

長毛で美しいセリちゃん。

外猫として生まれ育ちましたが

事情があってキャットビレッジの住猫になりました。

丸二年が経過しましたが、触らせてはくれません。

ご飯の時もご飯に集中せず、目で私の動きを追うところに

外猫さんの悲哀を感じます。

以前よりは距離が縮まり、30センチくらいの所で

おやつをあげたり、腕を伸ばした状態でならちゅーるも

舐めてくれますが、それじゃまだまだ。

ブラッシングできないため、体のあちこちに大きな

毛玉ができ、それが固まって体にオブジェをぶら下げて

いるような状態になっていました。

暖かくなるのを待ってMさんがヘアカットに連れて行ってくれました。

触れないのでご飯に睡眠薬を入れて、、、

ヘアカット前のセリちゃん。

20180514105024e0b.jpeg 

ヘアカット後のセリちゃん。

20180514105022037.jpeg 

顔周りを残してのショートカット ☺️

体も一回り小さく見えます。

小熊を思わせる体つき。

201805141050215ed.jpeg 

セリ:「次に毛玉ができる時までに あなたたちがすべきことは

何か考えなさいよ。」

私: 「セリちゃんに信用される人間になること。」




このページのトップへ

お引越しした猫さん達😸

 昨夜もひどい雨でした☔️

4月に雨漏りを止めるための工事を一部したので

今の所は雨漏りはありません。

これで止まってくれますように 🙏


4月は新生活スタートの季節。

逗子から仙台にお引越ししたコロンとチロルこと、

なぎさちゃんとみさきちゃん👭姉妹。

20180508111744795.jpeg 

移動は車でした。

キャリーが苦手な姉妹は車中でも

お母さんをやきもきさせたようです😔

でも無事に新居に着いて、新生活をスタートさせました。

20180508111742714.jpeg 

もう慣れたかな?

姉妹一緒なら大丈夫❣️

F様ご夫妻、急なお引越しで大変だったと思います。

それでも姉妹のために静かで日当たりのいい新居を

探してくださり、また移動に関しては細かい

心配りをありがとうございました。

ホリーこと、Majin君は逗子から沖縄へお引越し。

201805081117456f4.jpeg 

空港では カワイイ❗️とたくさんの写真を

撮られたとのことですが、、、

(人混みでは安全面からも、猫のストレス軽減のためにも

キャリーにはカバーをして下さいね‼️)

始終、落ち着いていたそうです。よかった。


キャットビレッジでは預かりさんボランティアを

募集しています。

集団生活が苦手な猫さんをご家庭で預かってくださる方、

人馴れが不十分な猫さんを預かってくださる方、

ご興味がある方、ご連絡お待ちしています🐈

預かりさん宅にすっかり慣れた桃ちゃん。

20180508111753342.jpeg 

急に美猫さんになったみたい💗

ご家族に愛されてのびのびと暮らしているからかな。

201805081117545d8.jpeg 

桃ちゃんの(永年)預かり様はシニア世代のご夫婦です。

お母さんに甘えてデレデレ😅

よかったね、桃ちゃん。


ビル君の様子を案じてくださった方から

サプリメントとちゅーるなどをいただきました。

2018050811174062f.jpeg 

20180508111743b9c.jpeg 

投薬用ちゅーる、初めて見ました 👀

お気遣いありがとうございます。

ビル君はおかげさまで下痢は以前のようにはしなくなり、

体は痩せていますが安定しています。

いただいたサプリメントはかかりつけの獣医さんから

併用していいと言われたのでありがたく使わせていただきます。

このページのトップへ

ビル君、落ち着いています🌱

下痢がひどく、食べても食べても身にならなかった

ビル君。

薬を変えてから、下痢が治ってきました。

その日によって多少の変化はありますが水状ではなくなりました。

ここ最近はトイレットペーパーで摘めるほどの状態の日もあります🙆

個室にずっといては寂しいでしょうから、たまには

大部屋に出てみんなと過ごす時間も設けてます。

20180425194728cb2.jpeg 

昨日、ハイランドのM様よりいただいた大きな

ビーズクッションの座り心地が気に入った様子💕

食欲は以前と同じで旺盛です。

目にも力が戻ってきました 😸

20180425194727a43.jpeg

たくましいな、ビル君。

ビル君は自分の猫生を決めることはできません。

薬も食事も、生活全般が私たち人間によって管理されています。

愛護動物である猫は人の手助けがなければ生きてはいけない

動物なのである程度の管理は必要です。

でも、、できる限りビル君の意志を尊重した生活を

させてあげたい、そう思っています。


胸に大きな毛玉のペンダントをぶら下げていた

みかんちゃん。

お気に入りの場所で寛いでいる時に

頭のマッサージから徐々に手を下に下げ、毛玉を掴み

反対の手で持った小さなハサミで慎重に慎重に

切り取りました。ふうー。

スッキリしました。

20180425194729f9e.jpeg 

セリちゃんは、みかんちゃんのペンダントの倍はありそうな

ペンダントをぶら下げています。

なんとかしなくちゃね。


このページのトップへ