CAT VILLAGE STORY. 猫と暮らしてみませんか?

暖かい家庭と家族を待ち望むにゃんこ達が暮らすCAT VILLAGEの日々を紹介します。

熊本コニャン、星子ちゃんおうちの子に🎉🎊

あたしは熊本の天草保健所にいました。

それ以前の事は覚えていません。

熊本のチームにゃわんの人が迎えに来てくれて

飛行機というものに乗って横須賀に来ました。

保健所も飛行機もとても怖かった。

キャットビレッジの預かりさんに着いた時も

胸がドキドキして何もかもが怖かった。

20170327143836c63.jpeg 

猫なんて、みんな同じと思っていますか?

猫だって人間と同じで一匹一匹、性格が違うんです。

あたしは臆病で、人見知り、自分の気持ちを

表現するのが苦手なんです。

でも、あたしの性格を理解してくれる人たちが現れて、

家族に迎えてくれました。

家族全員、猫と暮らすのは初めてで、あたしにもどう接していいか

わからない様子です。

あたしだって「家族」と暮らすのは初めて、自分だけのベッドや

おもちゃやタワーを持つのも初めて、「ホッシー、ホッシー」と

度々声をかけられるのも初めて、、、、どうしたらいいのかわからないの。

それで、つい爪を立てたままでお兄ちゃんやお姉ちゃんの顔を触ったり、

優しくタッチのつもりでお母さんの足を撫でたりした時にみんなを

傷つけてしまうんです。

「乱暴者!」って言われてまたどこかに連れて行かれるのかなと

思ったけど、あたしはずっとこのおうちにいていいって言われました。

家族のみんなにどう接していいのかまだわからないけど、

おうちの子になったことをお知らせします。

今も天草や阿蘇やあちこちの保健所で怖い思いをしている猫たちに

あたしのように引っ込み思案の猫でも家族に迎えてもらえるんだよって

チームにゃわんの皆さんにあたしのことは安心してって伝えたかったの。

家猫修行はまだまだなあたしですけどチームにゃわんのみなさんのおかげで

新しい猫生を生きています。

2017032714383536a.jpeg 

どの猫もそれぞれ個性があり、人間と猫との暮らしも様々です。

今回、ホッシーとなった星子ちゃんを迎えて下さったご家族の寛大な

お気持ちに心より感謝しています。

一日も早くホッシーが家猫修行を終え、皆様に引っかき傷を

負わせる事がなくなりますように。

こんなに美猫ちゃんなんですから、爪は隠してね。

20170327143835075.jpeg 





スポンサーサイト

このページのトップへ

捨てない、産ませない 。

土地柄、外国人からの問い合わせも、外国人の里親さんも多い

キャットビレッジ。🇺🇸 🇦🇺 🇨🇳 🇰🇷 🇵🇪

今ではバイリンガルのコウスケとシュウスケ😽

201703211251458b6.jpeg 

外国人から、

「なぜ あちこちで子猫や子犬を売ってるの❓❓」

「なぜ あんなに高いの❓❓」

「 動物を買う人がたくさんいるのに、なぜ殺処分があるの ❓
買って捨てるの❓💢」

とよく言われます。

ごもっとも。



欧米ではシェルターから犬や猫を迎えるのが主流です。

その時には「譲渡費用」をシェルターに払います。


私たち、キャットビレッジでにゃんこさん一匹の譲渡費用は

二万円です。

「もらってあげるのにお金を払うの⁉️」と驚いて言う人もいます。

その反応に私も驚きます。

もちろん、避妊去勢手術、ワクチン、エイズ白血病検査、検便などは

済ませています。

キャットビレッジの運営はこの譲渡費用だけでは到底できません。

私たちの活動に賛同してくださった賛助会員や定期的に支援をして

くださる方たちの善意とボランティアの協力で成り立っています。

ボランティアは通いやにゃんこ達の通院のための交通費は自腹です。

大雨でも雪でも通って来ます。

人間の都合で行き場を失い、キャットビレッジで暮らすにゃんこ達の

幸せを願ってお世話をしています。

おうちが決まって、契約書を交わし、二万円をいただく時は

おうちが見つかったにゃんこの幸せをうれしく思う反面、お別れは

毎回胸に迫るものがあります。

しかし、これでまた新たなにゃんこを保護することができるのだと

心を切り替えます。

ペットショップで買った子でも、外から拾ってきた子でも

動物を捨てないこと。

殺される命がたくさんあるのだからわざわざ産ませないこと。

キャットビレッジからのお願いです。

こちらもあっという間におうちが見つかったいちごちゃん🍓

20170321125143441.jpeg 

熊本コニャンのくうちゃん。

2017032112514538e.jpeg 

どの子も大切にされるべき命です。






このページのトップへ

ようこそ、ピート君とライムちゃん🤗

昨日の夕方、ピート君とライムちゃんが熊本からやって来ました。

お疲れさま。

ピート君に関しては前回のブログでご紹介しました。

とても人懐こく、落ち着いています。

エイズキャリアでもあるので早速、今後のことを私たちの

協力獣医であるK先生に相談しに行きます。

彼が天寿をまっとうできるように、私たちに何が

できるのか、学んでいきます。

20170318203901b0e.jpeg 

女の子らしい、愛らしい顔立ちのライムちゃん。

ちょっと緊張気味かな。

20170318203859231.jpeg 

ライムちゃんもとても人馴れしています。

どんな過去があったのかな?

入れ違いで今日からトライアルに行ったメロンちゃん、パインちゃん姉妹に

似た雰囲気です。

ライムちゃんもしばらくしたらご家族を募集します。

トライアル先でメロンちゃん、パインちゃんはキャリーから

出てすぐに、、、隠れました。

20170318203903fdc.jpeg 

メロンちゃんが可愛らしい猫ベッドに潜り込み、

パインちゃんが後に続きました。

201703182039021d0.jpeg 

ふたりでぎゅうぎゅうにくっついています。

ふたりなら心強いよね。

青い目が印象的なシャム猫チェリー🍒ちゃん。

高貴な顔立ちに似合わずとーっても活発なお嬢さんです。

20170318203904240.jpeg 

キャットビレッジにも慣れ、体調も整ってきています。

生涯、愛情を持って一緒に暮らしてくれるご家族を待っています。


このページのトップへ

猫エイズキャリア、ピート君のご家族を募集します☘

既に私のFBページなどで募集をかけていますが、今のところまだ

反応はありません。キャットビレッジではピート君に個室を用意して

あげることができないため、早急に「おうち」と「家族」を見つけてあげたいと思います。

お問い合わせ、お待ちしています。


人にはとても慣れていて、爪切りだってできます。


201703131227366cf.jpeg 


初めてのお宅でも大丈夫。


201703131227343d4.jpeg 


今週キャットビレッジにお迎えする予定のとても可愛らしいピート君です。ピート君はボランティアさん達の奔走で殺処分を逃れ保護されましたが、残念なことに検査の結果猫エイズが陽性でした。しかし、猫エイズだからといって彼の魅力が損なわれる訳ではありません。猫エイズであっても一生発症せずに穏やかな一生を送る猫もたくさんいます。まったくの健康体だという人や猫はそう多くはなく、誰もが小さな問題や持病を抱えていても上手にコントロールしながら生きているのではないでしょうか。
猫エイズだということを怖がらないでください。ピート君はとても人懐こく、優しい猫です。しかし、キャットビレッジには現在15匹が在籍しており、ピート君がどんなに穏やかな猫であっても無人の時間が長いキャットビレッジでは彼を他の子達と一緒にすることはできません。私たちは早急にピート君に新しいおうちと優しいご家族を見つけたいと思っています。殺処分を免れて得た生きるチャンスです。どうかピート君にあなたの手を差し伸べていただけませんか。ピート君は"愛"であなたの生活を満たしてくれるに違いありません。

This week we will welcome a charming new boy, Pete, to Cat Village. He as scheduled to lose his life in a crowded shelter but volunteers have rescued him. However, during the VET check, they found that Pete is FIV positive. BUT this does not change his charm. Many FIV positive cats never suffer FIV symptoms through their life. In the same way there are no perfect humans, there also few perfect cats, so do not be afraid of FIV. Pete has an incredibly beautiful loving personality, but we are already too crowded at Cat Village. We are looking for a forever family and home for Pete, or long term placement with a foster family. If you can give him a second chance to live happily, I know he will give you so much kitty love. Thank you .

このページのトップへ

ボランティアの思い

トライアル中のニコちゃんとビッキー、場所が変わっても

仲良しさん👨‍❤️‍👨

2017030715010540c.jpeg 

一緒に行ってよかったね。

ニコちゃんはトライアル数日目にお母さんの腕に

嚙みつきました😨

お母さんが床に鋏を落とした音を聞き付けて走ってきて

腕にガブリ😿 豹変です。

お母さんはニコちゃんの顎の力に驚きながらも冷静に

首の後ろを掴んでニコちゃんを引き離したそうです。

「驚いたけど私は大丈夫。」

それからも数回そんなことがあったようですが、ニコちゃんと

ビッキーはお母さんのベッドで一緒に寝ているそうです。


キャットビレッジは日中はほとんど無人です。

朝と夕方にボランティアがお世話に通って来ます。

一週間、朝晩で14回の当番があります。

ボランティアは私を含めて8人。

週に一回だけの方もいれば、5回の方もいます。

トイレは11個。

20170307150052a07.jpeg 

15キロ入りのドライフードは一ヶ月もちません。

20170307150053861.jpeg 

朝の当番は夜行性のニャンコ達に荒らされた部屋とトイレの掃除、

食事、食器洗いやゴミの始末で大忙し。

夕方は一般家庭の夕食時と重なる時間帯なのでなかなか

ボランティアさんが見つかりません。

8人全員が主婦、フルタイムで仕事を持っていたり、子育て中だったり

時間をやり繰りしてキャットビレッジに通っています。

また、広報全般をひとりで担ってくれているボランティアもいます。

全員が時間と労力と愛情をかけて、、、

キャットビレッジを巣立って幸せになったニャンコ達をみることが

原動力です。

20170307150106b65.jpeg 

みんな幸せになってほしい。

201703071500509d8.jpeg 

私のお気に入りの一枚。

コウスケとなったウィッシュがお母さんの膝の上で

伸び伸びと、心から甘えた様子😹

20170307150051998.jpeg 

さあ、キウイも頑張るよ‼️

20170307150054d75.jpeg 

「ニャッ」



このページのトップへ